World Tennis News Magazine 世界のホットなテニスニュース・選手の近況・試合の分析を満載した画期的なブログマガジン

ヴァヴリンカ優勝:ヴァヴリンカとフェデラーが語るモンテカルロ決勝

April 21, 2014 Monte Carlo: フェデラーとヴァヴリンカはスイスのデ杯の同胞というだけでなく、兄弟のような親しい関係にあり、決勝前のフェデラーとヴァヴリンカは昼食を一緒にとり、ウォームアップを共に行ったそうで、まるでウィリアムズ姉妹のような緊張と和気あいあいのミックスした不思議な試合となりました。デ杯キャプテンでフェデラーのアシスタントコーチのルティは父親のリチャード・ウィリアムズの立場。きっと彼も複雑な気持ちだったと思います。

Read full story 2 Comments

フェレールに敗れたナダル・・・全豪オープン以来解決できない問題とは?

April 19, 2014 Monte Carlo: まさか!のショッキングなナダルの敗退でした。モンテカルロで昨年はジョコヴィッチに優勝を譲ってしまい、今年はナダルのリヴェンジの決勝を期待していたのですが・・・それにしてもフェレールはほぼ完璧なプレーでナダルの反撃を許さずストレートの7-6(1) 6-4で勝利。ナダルが最後までインテンシティを維持しなければフェレールに負けてしまうかも、みたいな予言的なコメントが正に的中してしまいました。

Read full story 1 Comment

最もホットなマンハッタンのダンスクラブは6〜12歳のFuzipop

April 18, 2014: 今ナダル vs フェレールの準々決勝を観ていますが、モンテカルロのナダルの調子がどうもおかしいですね。ブレークしたと思えば、ブレークバックを繰り返しています。あと30分で2つのクラブで単複のテニスをしなくてはなりませんので、一日中テニスの日となりますが、帰宅してからじっくりと観戦したいと思います。その前にニューヨークで爆発的な人気を呼んでいるナイトクラブを紹介します。なんとお客は6〜12歳までに限られているのです。

Read full story 3 Comments

「カムバックの夢は捨てていない」ソーダリンがテニスボールの会社設立

April 15, 2014: ロビン・ソダリンがモノmononucleosisの病気にかかり、2011年7月のスウェーデンのバスタッド以来、突然トーナメントから姿を消してしまってから約3年近くの月日が経ってしまいました。今年の8月にすでに30歳になりますが、カムバックへの気持ちはまだ強く、体力の回復をはかりながらテニスボールの製造会社、RS Tennisを発足させました。

Read full story 9 Comments

モンテカルロの1回戦:WCをもらった未来の星ティームに注目!

April 12, 2014 Monte Carlo:(更新) クレーシーズンがいよいよ始まりました!スローでバウンスが高いクレーでは、やはりクレーで育ったヨーロッパ勢が圧倒的に強いと思いますが、錦織はモンテカルロをスキップしてバルセロナからスタートします。ナダルがあっけなくマイアミでジョコヴィッチに敗れてしまいましたが、クレーでは水を得た魚のように生き返るはず。フェデラーのWCで久しぶりにトップ5の集合となっただけでなく、最年少の未来の星20歳のティームがWCを受け、新旧混じったスリルのあるトーナメントとなりそうです。

Read full story 0 Comments

フェデラーがWCでモンテカルロ出場:真の理由を探る

April 10, 2014 Monte Carlo: スリル満点のデ杯準々決勝が終って一息つく暇もなく、すでにモンテカルロのマスターズが今週末から始まります。ビッグニュースはフェデラーのWCです。デ杯でシングルスとダブルスの3試合をこなしたすぐ後だけに、テニス界はびっくり。しかも精力的な活動はテニスだけにとどまらず、昨日はスポンサーのローレックスのCM写真をルチェルンで、今日はチューリッヒでクレディスイスのPRと、まさに目が回るような忙しさ。ちょっと体に無理があるのでは? と気になるフェデラーの出場ですが、真の目的はどこにあるのか探ってみました。

Read full story 10 Comments

デ杯ドラマ:ドイツ侍 Gojo が行く!

April 8, 2014 Davis Cup: デイビススカップ(デ杯)の準々決勝が日本とヨーロッパの4カ所で週末一斉に行われ、20試合をフォローするのが精一杯でした。おかげでデ杯三日酔いになってしまい、回復するのに時間がかかってしまいましたが、最も興奮に満ちたデ杯準々決勝となりました。デ杯の面白さはどんでん返しのドラマにあります。母国の名誉を背負って、ツォンガを破った名もしれない低ランキングのゴージョー。怪我を負い、しかも嘔吐しながらも母国のために戦い抜きマリーを破ったフォニーニ。ドラマを振り返ってみたいと思います。

Read full story 1 Comment

atomのデ杯現地レポート:日本がチェコに完敗

April 6, 2014 Davis Cup: デ杯最終日、デッドラバーの2試合は予想通り出場選手の変更があり、ウッチー、タロ君の試合となりました。 ラバー4:ロソル def 内山靖崇:6-3 3-6 6-4 ウッチー(内山靖崇)はシングルスでも成長を見せてくれました。ウッチーのランキング(277位)だと、なかなかATPツアーを主戦場としている選手との試合は出来ないので、ウッチーがどれくらい出来るのか楽しみにしてしていたのですが、

Read full story 2 Comments

atomのデ杯現地レポート:ダブルス敗退で日本準決勝進出ならず

April 5, 2014 Davis Cup: チーム日本、ベスト4ならず!(T-T) 崖っぷちだった我らがチーム日本、頑張りましたが踏み止まれずに落っこちてしまいました~(>_<) 日本は予定通りのドラゴン&ウッチーペアでしたが、チェコチームはステパ&ロソルに変更。これで決めるぞっ!だったと思われます(^-^;)

Read full story 3 Comments

atomのデ杯現地レポート:日本 vs チェコ: Day1

April 4, 2014 Davis Cup: デ杯準々決勝day1に行って参りました。 今回は観客も多く、応援団も凄い盛り上がりでしたよ~♪ 私もいつも通り?喉が痛くなりそうなくらい応援してきました(笑) しかしながら… 正直予想できたこと(?)ではありますが、我らがニッポンはシングルス二連敗で早くも崖っぷちです(^-^)

Read full story 2 Comments
UA-6754709-2