World Tennis News Magazine 世界のホットなテニスニュース・選手の近況・試合の分析を満載した画期的なブログマガジン

コンピューターが壊れてしまいました!

March 26, 2015: 昨日ニューヨークからサンフランシスコに飛んでいる最中に、ユナイテッド航空のWIFIを支払ってインターネットを使い、記事を更新しようとしたところ、コネクトするどころか、私のコンピューターが気が狂ったようにあっちこっちにさまよい始め、挙げ句の果てにダウンしてしまいました。(涙)来週の水曜にニューヨークに戻ってくる予定ですが、その間は小さな携帯で何とか観戦できればと願っています。すみません!家族でゴールデンブリッジのレースに出ます。

Read full story 5 Comments

新コーチのビヨルクマンによって新生マリー誕生なるか?

March 22, 2015 Indian Wells:(更新) インディアンウェルズの決勝は、予想されていたとおりの激戦でジョコヴィッチがフェデラーを破り優勝を収めました。決勝についての記事は明日更新したいと思います。今日は準決勝でまたもやジョコヴィッチにあっさりと負けてしまったアンディ・マリーですが、ダブルスの王者ヨナス・ビヨルクマンがマリーのチームに参加することになり、やっと希望の星がみえてきました。

Read full story 7 Comments

錦織はただ今調整中?

March 19, 2015 Indian Wells:(更新) 早く記事を更新しなければと思いつつ、アメリカの所得申告(Tax Return)は複雑を極め、トーナメントを観ながら会計士といろいろ慌ただしい日々を過ごしているうちに、あっという間にインディアンウェルズが終盤戦を迎えてしまいました。申し訳ありませんでした。錦織圭は残念ながら4回戦で敗退してしまいましたね。4位のマリーとのランキングの差はわずかに10ポイントですが、ロペス対戦でみせた二人のプレーにはかなりの差があったように思います。最近の錦織のテニスについて感想を述べてみたいと思います。

Read full story 5 Comments

トニ・ナダル「全仏オープンの優勝がだんだん難しくなってきている」

March 11, 2015: 最近のナダルを観ていますと、今まで見られなかったエラーが増え、途中でフォーカスが切れてしまう「ナダルらしくないプレー」が気になります。「ラファは今までのラファとは違ってきている」とトニ・ナダルはスペインのEl Confidentialのインタビューで答えていました。興味深い分析をしていましたので要約してご紹介します。

Read full story 9 Comments

口は禍の元:ダブルス選手に恥をかかせてしまったマリーの無邪気なジョークとは

March 10, 2015 Davis Cup: 昨日の『デ杯1回戦のこぼれ話のあれこれ』の続編です。アメリカを倒して勝利の喜びをイギリスチームと分かち合うアンディ・マリーにアナウンサーが質問しました。マリーが笑いながらダブルス選手のイングロットをからかいながら答えたのですが、たわいのないジョークのつもりが・・・顔を被うイングロットをみて、「ぎょ!しまった!」というマリーの表情がケッサクです。何をマリーがしゃべったのか?

Read full story 4 Comments

デ杯1回戦のこぼれ話のあれこれ

March 9, 2015 Davis Cup: ダブルスチームの予想外の健闘で「ひょっとしたら?」とかすかな期待をいだかせた日本チームでしたが、カナダに敗退してしまって残念でした。1回戦はドイツがブラウンの登録を忘れたり、スイスがNo.1選手が突然退場してしまったり、マリーは下手なジョークで恥をかいたりと、いろいろ話題に事欠かないデ杯となりました。ここで世界各地のデ杯会場で起きたエピソードを紹介します。

Read full story 9 Comments

デ杯1回戦採点:錦織圭と18歳のコキナキスの勝利にthumbs up

March 7, 2015 Davis Cup: 日本vsカナダの1回戦は予想通り、ラオニッチと錦織圭が勝ち星をあげ1−1のタイとなりました。18歳のコキナキスが2セットダウンから勝利。同じく18歳のチョリッチは惜しくも最終セットでガス欠で敗退しましたが、若い世代の奮闘でエキサイティングな1回戦となりました。

Read full story 5 Comments

デ杯1回戦:伊藤竜馬 vs ポスピシルがカギ

March 6, 2015 Davis Cup: 今日からいよいよデ杯1回戦が始りまり、今カザクスタンvsイタリア戦を観戦しています。日本とカナダはベストメンバーをぶつけての真っ向からの勝負。錦織はメンフィス優勝後、ガス欠気味でリオではエラーが多かったのですが、それでも決勝まで進出するメンタルを備えてきました。チャンもヴァンクーヴァーに応援に駆けつけます。白熱した1回戦の行方は?  

Read full story 0 Comments

ナダルが徐々に調子をあげブエノスアイレス優勝

March 2, 2015: リオのクレーでは、「一体ラファはどうしてしまったのか?」と首をかしげるパーフォーマンスで、『ナダルがフォニーニにリオで敗退:アナコンが語る「コーチを変えるのもよいかも」』という記事を書いてしまいましたが、ブエノスアイレスでは徐々にエラーも減り、フットワークも軽くなり、なかなかよいプレーをしていました。ナダルの調子がでてきたようで久しぶりの優勝です。

Read full story 3 Comments

ドバイ:33歳のフェデラーが優勝、18歳のチョリッチが準決勝

Feb. 28, 2015 Dubai:(更新) トップ3が出場した激戦ドバイのトーナメントは、フェデラーがジョコヴィッチを破って7度目の優勝を飾りました。ネットラッシュを増やし、果てしなくアグレッシヴに攻めるフェデラーテニスは惚れ惚れするほど強く華麗でした。ドバイでは18歳のチョリッチの準決勝進出で、最年長とティーンが活躍するエキサイティングなトーナメントとなりました。

Read full story 4 Comments
UA-6754709-2