World Tennis News Magazine 世界のホットなテニスニュース・選手の近況・試合の分析を満載した画期的なブログマガジン

全米オープン現地報告:錦織が練習を3時間!

Aug. 27, 2015 US Open: サンフランシスコに住んでいる息子がニューヨークにやってきましたので、今日は10年ぶりに彼と共に全米オープンに行ってきました。ナダルがあの海賊カプリスタイルで衝撃的なデビューをして、痛く刺激され思わず買ってしまった懐かしい思い出がよみがえります。(息子は恥ずかしくて最後まで手を通しませんでしたが・・・)TwitterにiPhoneから写真入りで、「ホットニュース」に逐次報告しましたが、書き足らないことがいろいろありますので、記事で補足したいと思います。

Read full story 1 Comment

全米オープンの予選に来ています

Aug. 27, 2015 US Open: 今日は予選二日目で会場からTwitterで写真入りで逐次お伝えしています。サイドバーの「ホットニュース」でお楽しみください。

Read full story 0 Comments

ジョコヴィッチと準決勝で対決するドルゴポロフのサーヴを解剖

Aug. 22, 2015:(ジョコvsドルゴ戦を更新) 今日66位のドルゴポロフがシンシナティの準決勝でジョコヴィッチと対戦します。トップ選手でない選手が登場するのは楽しいもの。3年前には13位だったランキングも、怪我やロシアのウクライナ侵攻などによる心憂い状況の中で、ランキングも停滞していましたが、予選から勝ち抜いて、昨日はベルディヒに快勝。見事なオンザライズの速攻と電光サーヴで、ジョコヴィッチは苦戦するかもしれません。

Read full story 1 Comment

サイドバーの「ホットニュース」で情報を大量発信

Aug. 21, 2015(更新) フェデラーはワクワクの快進撃。マリーはもたもたしながらも準決勝。ジョコヴィッチは快調とはいえないながらも準決勝。ここで突然ドルゴポロフがベルディヒを破って準決勝の仲間入りをしましたが、シンシナティで特に気がついたのは、ネットラッシュのプレーが多くなってきていること。ベースラインのラリーを続けながらネットで決める。理想的なテニスに近づいてきているようで嬉しいですね。

Read full story 4 Comments

ペアーのTweenerがめっちゃ面白い!

Aug. 19, 2015 Cincinnati: シンシナティのマスターズは錦織圭の棄権で、観戦への勢いがちょっとそがれてしまいましたが、その分チョリッチ、ツヴェレフ、コキナキス、ドナルドソンの4人のティーンの活躍が見応えありました。今日のハイライトはジョコヴィッチvsペアー、マリーvsフィッシュの2回戦。ペアーは頻繁なドロップショットでジョコヴィッチのリズムを崩し、ネットのTweenerで会場から大喝采。こういう選手がもっと増えてくれると嬉しいのですが。まずは彼のTweenerのビデオをどうぞ。

Read full story 4 Comments

錦織圭のモントリオールの記者会見は「怪我」の集中質問

Aug. 17, 2015 Nishikori: マリーとの準決勝のポストマッチ記者会見の全容が発表になりましたのでお伝えします。『錦織圭はシンシナティを棄権:インジャリー・タイムアウトをなぜ取らない?』で、インジャリー(メディカル)タイムアウトについて書きましたが、急にプレーが落ちてしまったのはなぜなのか? 記者会見ではその答えをただ単なる「疲労」と答えていましたが、cincinnati.comでは「腰の故障」となっています。記者会見では最初から最後まで怪我についての質問でしたので、やはり誰の目にもミステリーに映った準決勝だったと思います。

Read full story 3 Comments

錦織圭はシンシナティを棄権:インジャリー・タイムアウトをなぜ取らない?

Aug. 16, 2015: (更新) マリーとのモントリオール準決勝で、急に足の動きが鈍くなり、0−6で第2セットを終えてしまった錦織圭でしたが、ただいまマネージャーからメールが入り、検査を受けた結果、錦織はどこも故障はないということでした。よかったですね。疲労が重なったものだと思われますが、シンシナティは棄権をして、次は全米オープンとなります。フロリダに帰って休養したあと、全米にむけてトレーニングに入りますが、ベストな判断だと思います。前々から思っていたインジャリー・タイムアウトについて書いてみたいと思います。

Read full story 1 Comment

錦織が8度目の挑戦でナダルに初勝利

Aug. 15, 2015 Montreal:(更新) 大方の予想では錦織の勝利だったのですが、あっさりとナダルが負けてしまったのにはちょっと寂しい思いがします。錦織は理想的な第1セットを昨年のマドリッドの決勝で展開して、勝てる感触が十分にあった上に、ナダルのサーヴが入らなくなってしまったことも手伝って、モントリオールの準々決勝の第1セットはアナコンいわく「錦織の一方通行」に終わってしまいました。第2セットでナダルが盛り返してきましたが、時すでに遅し。錦織は余裕をもって初の打倒ナダルを果たし、準決勝に進出を決めました。

Read full story 4 Comments

錦織テニスの驚異的な進化をスタッツでみる

Aug. 14, 2015 Nishikori: 「弱点はサーヴ」と決めつけられてきた錦織圭ですが、昨日のゴファン戦では10本のエースを打ち放して、準々決勝進出を決めました。マイケル・チャンが錦織圭のコーチに就任したのが2014年。2013年までをBC (Before Chang)、2014年以降をAC (After Chang)として、パーフォーマンスを比較すると、サーヴィスだけでなく、錦織があらゆるカテゴリーで向上しているのがわかります。今回は弱いとされるサーヴィスゲームにスポットをあててみました。

Read full story 5 Comments

キリオスが試合中にワウリンカの三角関係を暴露

Aug. 13, 2015:(事件の発展を追って更新を続けています) 昨夜のモントリオール2回戦のワウリンカ vs キリオスでちょっとした事件が起こりました。タイブレークの激戦で第1セットを落としてしまったフラストレーションから、キリオスがつぶやいた言葉がコートのマイクが拾ってしまって大騒ぎとなってしまったのです。内容がセックスに関するものだけに、このニュースが世界中を飛び回っています。この事件の背景と詳細を順を追って説明したいと思います。

Read full story 4 Comments
UA-6754709-2