World Tennis News Magazine 世界のホットなテニスニュース・選手の近況・試合の分析を満載した画期的なブログマガジン

ドバイ:33歳のフェデラーが優勝、18歳のチョリッチが準決勝

Feb. 28, 2015 Dubai:(更新) トップ3が出場した激戦ドバイのトーナメントは、フェデラーがジョコヴィッチを破って7度目の優勝を飾りました。ネットラッシュを増やし、果てしなくアグレッシヴに攻めるフェデラーテニスは惚れ惚れするほど強く華麗でした。ドバイでは18歳のチョリッチの準決勝進出で、最年長とティーンが活躍するエキサイティングなトーナメントとなりました。

Read full story 3 Comments

ナダルがフォニーニにリオで敗退:アナコンが語る「コーチを変えるのもよいかも」

Feb. 22, 2015 Rio: トーナメントの前半は調子が悪くても、徐々にリズムを取り戻して強くなっていくナダルですが、今年のリオは準決勝になってもエラーが多く、ショットメイキングも不安定で、クレーの王者らしくない自信のないパーフォーマンスが続き、何とか準々決勝までクリアしたものの、ついにフォニーニに敗退してしまいました。

Read full story 3 Comments

アンディ・マリーが試合中に読み返していたメンタルノートとは?

Feb. 19, 2015: コーチをモレスモに任命して以来、ガールフレンドも含めて話題に欠かないアンディ・マリーですが、ロッテルダムの試合中に読み返していたメンタルノートmental note(肝に銘ずる点)が暴露され、またもや話題の人となってしまいました。このノートはマリーの性格をよく表していて、とても興味深いものがあります。

Read full story 7 Comments

Fxxkはどの程度卑猥なのか? もしあなたが海外でジャップと呼ばれたら?

Feb. 18, 2015: (更新) Chaoさんから興味深いご質問をいただきましたので、コメント欄に書くよりも私の感想を記事にしてみました。テニスに関係ない話でも、これからもいろんな話題をどんどん書いていきたいと思っていますので、遠慮なくご質問ならびコメントをお寄せください。さて、今回は辞書ではなかなか載っていないswear, curse, racial slurなどについてお話してみたいと思います。いわゆる言ってはならない言葉です。

Read full story 5 Comments

引退したクライスターズが優勝者ペトコヴィッチに勝ってしまったのですが・・・

Feb. 16, 2015 Antwerp: 2012年の全米オープンを最後に引退したキム・クライスターズが、今年のベルギーのアントワープでトーナメントディレクターとしてデビューしました。初めての経験だけに、スター選手のブシャールが2回戦ですでに敗退してしまうなど、冷や汗事態がいろいろありましたが、決定打は決勝日で選手の一人が急遽棄権してしまったのです。さあ大変!

Read full story 0 Comments

3連覇three-peatでメンフィス王となった錦織圭

Feb. 16, 2015 Memphis: 錦織圭がストレートでケヴン・アンダーソンを破り、メンフィス大会始って以来の3連勝という記録を達成しました。アメリカのメディアでは錦織をKing of memphisと呼んだり、three-peat (three-repeat)の歴史的快挙と大きく報道。準決勝まで毎試合フルセットで苦戦してきた錦織は、決勝でフルにギアアップしてストレートの優勝となりました。さすが大舞台に強い錦織。ビッグサーヴのリターンが見事でした。  

Read full story 8 Comments

すっきりと勝てない錦織圭の課題

Feb. 14, 2015: (更新) 更新が遅れてしまい申し訳ありませんでした。アリゾナから戻って以来、病院通いをして何とか体調を元に戻す努力をしています。肺のCTスキャンでは、多くの傷がみつかり(原因不明)ちょっとびくついていますが、ともかく今回は肺だけでなく、産婦人科、胃腸科にも通院。いつまでも疲労感がとれず、体の毒が抜けない感じですので、ミニファスティングをも実行中。ともかく生活態度を変え、元の元気な私に戻れるよう頑張ります。ところで錦織圭はメンフィスで2回戦と準々決勝をクリアして、いよいよ準決勝にすすみました。しかし、ちょっと気になる点が・・・

Read full story 7 Comments

モレスモのコーチングでマリーの弱点を克服できるか

Feb. 4, 2014: 昨年11月にマリーのコーチだったダニ・バルベルデュが去ってしまって以来、モレスモは単独コーチとしてマリーのトレーニングを担当していますが、その道は簡単なものではなく、大きなプレッシャーがあったとフランス紙L’Equipeで語っていました。決勝まで快進撃を続けたマリーでしたが、全豪オープン決勝でテニスファンを驚かせたのは、レンドルの時期にはなかったマリーのメンタルのメルトダウンです。

Read full story 2 Comments

アリゾナの楽しい5Kレース(フォト集)

Feb. 3, 2015: 今回のセドナの5kmレースは2度目の挑戦。初めて参加したサンフランシスコでは、皆真剣に走っていてかなりびびりましたが、とにかく膝が痛くて仕方がないので、今回はゆっくりと歩いて、セドナの大自然を満喫することにしました。マラソンをはじめ、いろんなカテゴリーがあり4千人が参加。日本からも多くの参加がありました。絶景かな!とゆっくり歩いても年齢別で10位。皆私と同じような考えの参加者が多かったようで、プレッシャー無しの楽しい徒歩レースでした。

Read full story 6 Comments

ジョコヴィッチ優勝「最後は意思の力だった」

Feb. 2, 2015 Australian Open Final: (少々記事が遅れてしまいましたが更新します。)午前2時。ハッと目が覚めると、すでに全豪オープンの決勝の第1セットが始まっていました。ジョコヴィッチもマリーもお互い譲らず、長いラリーが続いています。しかし好試合は2セットしか続かず、最終セットの第4セットではマリーが0-6で完敗してしまいました。 何が二人に起こったのか? 彼らが語る勝因、そして敗因は?

Read full story 5 Comments
UA-6754709-2