錦織圭はテニス界のロックスター

錦織圭選手は休む暇なく、昨日11日からサラソタチャレンジャー Sarasota Challenger に挑戦しています。昨日は Vamsee Chappidi(17才)を6−1、6−1で破り、今日の2回戦では Smyczekを6−4、6−3で破って3回戦に進出を決めました。すごいですね。

サラソタCHは圭君の住むBradentonからそれほど遠くないところにあり、いわば圭君のホームグラウンド。自宅から通うことができ、リラックスした気分で戦えると思いますので、多分圭君はこのチャレンジャーも優勝してしまうのでは? とつい期待してしまいます。

明日13日の対戦相手は B. Rodriguezです。彼の情報がないので誰だかよくわかりませんが、ATPのプロファイルでは B. Rodriguezは一人しかいないので、多分ブルースのBだと思います。もし彼がブルース・ロドリゲスだとすれば、ランキング409位ですので、圭君は問題なくQFに進出できそうです。

サラソタCHのローカル紙、brandenton.comで圭君の記事が載っていましたので紹介します。

(5月12日付けの記事より要約)
Nishikori gets career back on track

錦織のテニスエリートに向けてカムバックの旅が始まった。 Longboat Key Club’s Tennis Gardensのセンターコートで火曜日の夜、錦織は17才の Vamsee Chappidiに6−1、6−1で完勝。この土地に住む Chappidi選手は「圭の試合はいつも楽しく観戦していたので、彼と戦えて嬉しい。」と試合前に感想を述べた。

2009年1月に肘に痛みを覚えた錦織圭は、それでも試合に出場し続けたが、4月には我慢ができないほどの激痛を覚えるようになった。

「 MRIは10回くらい撮ったけれどどうして痛むのか発見できなかった。」

昨年9月の手術で彼は自己不安に陥ってしまったという。リハビリではラケットを振ることよりも肘の回復が先決問題だった。錦織は今ブリックを一つ一つ築きあげて彼のゲームを組み立てている最中だ。

「とても辛かった。何しろ初めての手術だったし、長い間テニスができなかったし、精神的に死んだも同然だった。」

錦織はもうテニスが二度とできないかもしれないと思ったときもあるという。しかし彼の決意は固く、元のフォームに戻るための訓練を辛抱強く続け、努力を惜しまなかった。

ビージーズの『ステインアライヴ  *Stayin’ Alive*』の歌を聞きながら、歌詞に励まされ、一日も早く元にもどれるようにトレーニングに励んだ。
その錦織圭が先週サヴァンナについで連続優勝を狙ってサラソタにやってきた。彼はただのテニスプレーヤーではない。日本のテニス界のロックスターである。

Smiley

コーチワイナーによると、錦織にはイチローのように熱狂的なファンがいるという。日本にはいろんな人気の高いアスリートがいるが、その中でも錦織は最も人気が高いアスリートの一人だとか。 彼の2回戦の対戦相手はTim Smyczek。試合は明日午後6時半から開始される。

(tennisnakama: Smyczek戦の結果は6-4, 6-2で錦織選手の勝利でした。圭君のこのウィニングランは2008年のデルレイビーチでジェイムス・ブレイク破って優勝したあの勢いを感じます。)

圭君はブログに自分のテニスについて、興味のある分析を行っています。

5月11日(初戦が始まる前)

昨日は深夜に無事家に帰ってきました! いつもは車の中ではすぐ寝ちゃうのですが、昨日は6時間ドライブにもかかわらず一睡もできませんでした。

長い試合が終わった後など興奮やアドレナリンで夜寝付けない時がありますが、そんな感じでした。
今日は軽いトレーニングとマッサージをしました。あとヘアカット。笑 明日試合なので体をほぐす程度でしたがさすがに体がカッチカチです。

自転車20分、ランニング20分で汗をかいて、体幹、ストレッチしました。まだ体に疲労は残ってますが明日はもう試合なので気持ちを切り替えて頑張りたいと思います。

今週の大会はテニスより気持ち、体と戦うことになりそうです。まず気持ちをちゃんと切り替えないといけないことと、体の様子をみながら試合を進めていかないといけません。肘のこともあるので慎重に行きたいと思います。

明日試合があるので手短に先週の大会を振り返りたいと思います。

一番キーとなった試合は2回戦のJames Word選手との対戦でした。ほぼ毎ポイントラリーが長くほんとにバトルという感じでした。この試合をものにしたことで自信がついたのだと思います。

その後は理由は分からないけど覚醒しまして、自分から打っていく球も伸びが出てきて、ディフェンス、オフェンスとしっかり切り替えができるようになってました。

決勝の日はかなり緊張していました。もちろんここまできたら優勝したいのでその分プレッシャーも増えてたのかもしれません。ブログではかなり冷静に書いてましたが決勝に進めたこともけっこう嬉しかったんです↑

いざ試合になると冷静な自分がいて出だしこそ相手のプレーが上回ってましたが、ゲームが進むにつれてラリーの主導権を自分が握れるようになってました。

さっきも言いましたが守りから攻めに変えることが上手く出来てたのだと思います。

2セット目に関してはすごい集中できいて毎ゲームベストのテニスができてました。優勝したというより優勝しちゃったという言葉の方が当てはまっていると思います。優勝するという事はまだ遠くに見えてたので今は少しビックリもあります。

チャレンジャーといえどこのレベルで優勝できた事には意味があると思うので、これを期に自分のテニスが良くなってくればいいです↑

そして

復帰からここまでこれたことにいろんな方に感謝です。

チームのみんな
コーチからスタッフのみなさん、
スポンサーの方々
ドクター、トレーナーの方々
家族
サポーターの皆さま

いろんな方達の支えがあり今こうして痛みがなくテニスができています。

今いる自分は決して自分の力だけではないのでそれを忘れず、テニスが出来ることに感謝しつつ、これからも上を目指して頑張ります。

では明日からは気持ちを切り替えてまた頑張りたいと思います。

*Stayin’ Alive*の歌詞の一部を紹介しますGifs

Well now, I get low and I get high・・・
And if I can’t get either I really try・・・

Life goin’ nowhere.
Somebody help me.
Somebody help me, yeah.
Life goin’ nowhere.
Somebody help me, yeah.
Stayin’ alive・・・

今じゃ落ち込むときもあるけどハイなときもある・・・
もしどちらにもなれなかったら、いろいろトライしたけれど・・・

僕の人生は行き止まり
誰か助けてくれないか
誰か助けてくれないか
僕の人生は行き止まり
誰か助けてくれないか
やっと生き長らえてるこの僕を・・・

4 Comments

  1. ミラクルさん
    圭君の好きな歌があの古いStayin’ Aliveとは驚きました。これはジョン・トラヴォルタ主演の映画の主題歌で33年前の歌で、完全に懐メロ。圭君のあたらしい面を発見です。

    stephaneyさん
    >なぜかつながらないことが多くて< これはちょっと気になります。私のHPが重いのかもしれません。フィードバックありがとうございます。

    hiroshiさん
    ホント、お久しぶり!私はFacebookは登録しているだけで活動していませんがお許しください。コミュニケーションはこのHPかTwitterとなりますが、今後ともよろしく♪

  2. 本当にお久しぶりです。お元気ですか?私も何とか復活?しました。
    tennnisnakamaさんの記事は相変わらず深い!ですね。。。
    これからも時々寄らしてもらっていいですか?
    それから、Facebookありがとう。friendと認めてもらって嬉しかったです。。。

  3. こんにちは。以前ブログに2回ほど投稿させていただきました。
    いつもtennnisnakamaさんの記事を楽しみにしているのですが、なぜかつながらないことが多くて、今日は久しぶりに見れてうれしいです。ちょうど圭君優勝のニュースもありましたし。
    圭君、見事に復活して本当に良かったですね!これからも無理のないように頑張ってほしいですね。
    あとはフェデラーの復調とデルポの回復が気がかりです・・・

  4. いつも貴重な情報ありがとうございます!
    この曲を聴いて耐えていたのかと思うと泣けてきますね。
    毎日のライスコ観戦で寝不足気味ですが・・・嬉しい悲鳴です!

Comments are closed.