ワールドカップの各国の作戦

soccersmiley Pictures, Images and Photos

皆さんはワールドカップを観てますか? アメリカでは全試合を生で観戦できますので、私はテニスとサッカーの観戦で大変です。

夫からメールでパワーポイントのファイルが送られてきました。何かと思って開いてみるとワールドカップの各国の作戦を図解したもの。彼は一体仕事をしているんだろうか? まあそれはさておいて、ちょっと面白かったのでご紹介したいと思います。(この作戦は2006年用につくられたものです)

パワーポイントで観る(お勧め) ここをクリック

最初にイギリスが出てきます。その次の国に移るには Enter/Returnのキーを押してください。

イギリスの作戦
風の方向によってストライカーのポジションが違ってきます

ドイツの作戦
過激で効率よく止まるところをしらない・・・(ボールの早さは時速297km)

イタリアの作戦
鉄のディフェンスとミッドフィールドのちょっとしたアイデアを使ってストライカーにパス・・・その結果・・・ペナルティー

ブラジルの作戦
ノーコメント!

スイスの作戦
誰の助けもかりずに自滅のパターン

フランスの作戦
さまざまな仮説をたててトライ。くそ!ゴールをするのを忘れてた。

アメリカの作戦
(注)赤の点はボールではなくてレフリーです。

ルーマニアの作戦
自宅でTV観戦・・・(クウォリファイしなかった)


パワーポイントで観れなかった方は下記のスライドショーを閲覧ください。

[slideshare id=4505257&doc=soccertactics-100615071156-phpapp02]

4 Comments

  1. 大変です!!
    ラファ 日本上陸決定しました (^。^)
    もう どうしましょう、どうしましょう。もうそわそわです(^^♪

    きょうは スペインvs スイス ですね。
    ラファもロンドンで応援なので 私も日本でスペイン応援

    VAMOS !!

  2. tadashiさん
    『ハーフタイムはサンバで』の記事は、肝心のサンバの曲を埋め込みできず、しかもあまりにも眠くて一時掲載を保留させていただきました。ご心配をおかけしました。

    コメントを皆様からいただけるというのは、本当にありがたいことだと思っています。ですから皆様からいただいたコメントは自動公開するようにしています。あまりに言葉づかいの粗いコメントの場合は、当事者に連絡をしてその旨をお知らせて非公開とする場合がでてくるかもしれませんが、今までは一度もそのような例がありませんでした。

    これはメールアドレスの記入システムを導入したことによって、「名無し」や「通りすがり」の無責任なコメントを防ぐことができ、本当にストレス度が少なくなりました。

    toranekoさん
    私はモントリオールに住んでいた頃は、アイスホッケーの面白さがわからず、ずいぶんしんどい付き合いをしていました。でも久しぶりにオリンピックでアメリカ戦をTV観戦をしたときは、ものすごく新鮮で興奮しました。ときどき違うスポーツを観てみるのも楽しいですね。

    来週からまたウィンブルドンが始まりますし、フレッシュな気持ちでテニスの記事をかくには息抜きが必要ですので、今週はサッカーで遊ばせてもらっています。

  3. お久しぶりです。 わたしは まだ サッカーの面白さにはめざめてないので、 日本での 騒ぎようが不思議で仕方ないのですが、これは カナダでホッケーのオリンピックの決勝戦を観ていたときと同じなのですね、 そう思うと 納得できます。 あのときは カナダ中がお祭り騒ぎでした。 ナダルもマリーも サッカーの試合が観たかったから、早く 試合に 負けたんじゃない? まさかね。 でも ゆっくりテレビでも楽しんで、 ウィンブルドンにのぞんでほしいものです。
    (ちなみに私は ホッケーの決勝戦が怖くてみれずに 図書館に避難してました。 情けないです。)

  4. 「ハーフタイムはサンバ」のぺージが突然消えてしまいましたが????

    tennisnakama さんの率直な発言に誰かが文句をつけたのでしょうか?

    私は自分自身不思議な気持ちでこのブラジル北朝鮮の試合を観ていました。

    それはミサイルで日本を脅すような国であってもなぜかこの試合は心の中で北朝鮮を応援していました。私と同じモンゴル系の顔だからなのか私の祖先と彼らの祖先が同じところで生活していたからだろうか。

    それともサッカーセンスが天と地ほどの開きがあって弱い者を応援したくなる素朴な発想なのか。終了間際に執念の一点を入れた彼は私と同じ民主主義の国のフツウの庶民の明るい笑顔でしたよ。

    ワールドカップに参加できることは素晴らしいことです。その国の歴史や文化そして経済までがプレースタイルに表れますしそれを世界中のひとが楽しめます。

    しかし現実は強大化したマフィアのようなFIFA,そしてUNICEFのマークをつけた偽善的なバルセロナ(世界中の貧しいこどもたちがメッシの試合を観たいのにSkyTV独占中継でみることができない試合があるのですUNICEFのマークをはずして欲しいです)等など、、それにエトーが常に闘っている人種問題、明らかに差別をする審判や選手が今でも緑のグラウンドを走り回ってます。

    サッカーを取り巻く環境は改善されなければなりません。このようにこちら側の世界も矛盾だらけですよね。

    それはそうとアメリカとイギリスの試合はまるでアメリカ独立戦争みたいで面白かったです。どんな大敵でも最後まで全力を尽くして向かっていくヤンキー魂(こういう単語を使ってはイケナイのかな?)に惚れ惚れします。

    ワールドカップ前に観たアメリカのサッカー場が立派になって観客席がいつもけっこう埋まっているのが嬉しいです。17歳以下の数字ではアメリカが世界最大のサッカー国と聞きましたが?

    さてホンジュラスは明日チリと第一試合に対戦します。試合開始が当地の朝5時半、政府は午前10時までは国民の休日?としました。勝って騒いで会社を休むのか負けてしょんぼりやる気をなくして学校を休むこども?

    今年は何だかウインブルドンがワールドカップサッカー決勝トーナメントと重なり盛り上がりそうにないですね。

    ウルグアイのエースアタッカー、フォルランはこのワールドカップが終わったらテニスを楽しみたいとインタビューで言ってました。多分モンテビデオのローンテニスクラブでクエバスなんかとプレーするのではないでしょうか。

    私は週末久しぶりにfùtbol(サッカー)の試合に参加する予定、ケガしないように楽しみたいです。緑の芝生はほんと気持ちいいです。

    tennisnakama の皆さんはどんな環境のテニスコートでなさっているのか知りたいです。

Comments are closed.