ダニエル太郎君に会ってきました

日本では聞き慣れないジュニアの日本人選手がいます。USオープンのジュニアの部門で3回戦まで進出した17才のティーンネージャーのダニエル太郎君です。

以前、ポストナダルの選手はどんな選手がいるのだろうか、とリサーチしているときに浮上してきたのが、このタロー君で、外国の姓名ということでちょっと興味を持って調べてみました。しかし分かっているのは、ニューヨーク生まれでスペインかカリフォルニアかのどちらかに住んでいるということだけ。でもハーフに違いないだろうし、私もハーフの息子をもっていますので、US オープンに来ることがあればぜひ応援に行こうと思っていたのです。

2010年9月9日USオープンジュニア3回戦

Jiri Vesely def Taro Daniel: 6-1 6-7(2) 6-0

(彼の詳しい話は次のページ)

2010年9月9日。いつもの炎天下とは違って、風が強く寒さを感じます。温度は22度くらいでしょうか。今までの観戦は40度でしたので、急激の温度の変化にとまどってしまいます。

ともかくも何とかチケットを手に入れようと、前夜やっと公式サイトのTicket Exchangeで安い切符がみつかり、ティムさんもいないので、この日は早めにでかけました。

席はがらがら。私のお気に入りの席(TVをみるような感じで、ベースライン側のスタンド)は男性が一人座っているだけです。う〜ん。やっぱりジュニアはこんなもんなんでしょうね。直感で彼から感じるところがあって、「タロー君のコーチかも」と狙いを定めて、この若い男性に話かけてみました。

やっぱり!彼はコーチだったのです。

「タロー君をガンガン応援してよろしいですか?」

「もちろん!彼は喜びますからどんどん応援してやってください。」

よ〜し!がんばるぞ!しかし誰も声を上げているものはいない。さすがの私もちょっと恥ずかしい。

対戦相手は、チェコのシード4のJiri君です。かなりうまそう。しかも左利き。第1セットはほとんどサーヴィスリターンができずに1−6とタロー君は簡単に負けてしまいました。あんまり人がいないので大声で応援するのが気がひけたのですが、もうそんなことは言ってられません。

タロー君がどれだけ日本語ができるのか分からないので、英語で大声を張り上げて応援です。Let’s go, Taro!  Keep it up, Taro!  Come on, Taro! スペイン語もできるらしいので、Vamos, Taro! もう私も必死です。

ところがどうでしょう。2セット目から私は大声で応援し始めたのですが、タロー君の調子が目を見張るようによくなっていったのです。今までおとなしかったコーチも、コートサイドコーチングにひっかかりそうなほど、声を上げています。(でも彼が言ったのは、集中しろ。頑張れ。よく見ろ。くらいなものでしたが)

面白いですね。私たちが声を上げ出したら、Jiri君がまったくリターンができなくなって、ネットにかけるエラーの連続。タロー君はフォアハンドのダウン・ザ・ラインのウィナーも決めて40−0でサーヴィスゲームをホールドしました。

いいぞ!いいぞ!タロー!

コーチに「タロー君の弱点は?」と聞くのは失礼なので、「タロー君の長所はなんでしょう?」と聞いてみました。

「タローのテニスはディフェンスがよいこと。それにコートで落ちついていること。しかしレベルを上げていくには、もっとアグレッシヴにならなければ。そして効果的なトランジション(攻めと守りの)のやり方を学ばなければならない。」(ビデオで語っています)

そうですね。ちょっとスピンがかかりすぎてラケットをこすっているような感じもして、フォアハンドの強烈な武器はこれからみたいです。それにサーヴもパワーに欠けていましたが、プレースメントがなかなかよかったです。

でもあんなにガリガリじゃ。188cmに75kgくらいといってました。息子がテニスをやっていたときもあんな感じで、まるで彼の弟のような雰囲気です。昔、息子を連れてトーナメントを巡っていた時のことが思い出されて、ますます応援に力がこもってきました。

おお!ブレークしましたよ!あっ、でもまたブレークバックされてしまった。しかしまたブーレク、そしてまたまたブレークバック。そういえばジュニアのテニスってこんな風だったです。しかしなんとかタイブレークまで持ち越して、タロー君は一気に集中力が上がったのか、7−2で第2セットを勝ち取ったのです。

シード4のJiri選手はサーヴもよく、プレースメントもよいところをついてきますが、勢いがついたタロー君を食い止めることはできませんでした。

しかし第3セットはタロー君は0−6で完敗してしまいました。フルセットを戦って負けたタロー君に話かけるというも気がひけましたので、コーチに聞いてみました。

「残念でしたね。こんなときに彼に話しかけてもよいでしょうか?」

「勝っても負けても、選手は応援してくれる人たちにはちゃんと応対するべきです。だから大丈夫ですよ。」こういう立派なコーチについているタロー君はラッキーです。

息子のジュニアの時代に負けてしまったからと言って、応援しに来てくれている人に「ありがとう」の一言も言わずにプイと去ってしまう選手をよく見かけました。くやしい気持ちは大変よく分かるのですが、ちょっと釈然としない思いがありました。負けてしまった息子に、ねぎらいの言葉をかけてくれた見知らぬ人たちを思い出します。彼は一人一人に感謝をしておりました。というわけで、タロー君がどんな反応をするのか興味があったのです。

これからも応援をしますよ!ということを一言伝えたくて、コートを去るタロー君に声をかけてみました。

日本語がどれだけできるのか分からないので、「Hi, do you remember tennisnakama on Facebook?」と英語で聞いてみたのです。汗をふきふきニコッと笑って彼は答えました。Yeah, I do.  タロー君にFacebookに、「明日は応援にいきますよ!」とメッセージを残した私に、「Thank you!」という返事が即返ってきたものですから、この子はなかなかしっかりしているとすでに好感度がかなりアップしていたのです。

彼はとても気さくに私の質問にいろいろ答えてくれました。(ビデオ)それにしても日本語がうまい!何才のときにニューヨークから日本に移ったのか聞くのを忘れていましたが、12才ころくらいまで日本で生活して、アメリカンスクールに通っていたそうですが、日本語も読めるとか。立派!

3年前からスペインに家族と移住して、すでにスペイン語もマスターして問題ないとか。頭がよさそうだし、マナーもよいし、適応能力がすばらしい。それにキュートなマスクですし、国際的に活躍できる条件がすべてそろっています。

試合の後で、再びぱったりタロー君に会うことができたましたので、今度は遠慮なくズバッと質問してみました。

「第3セット(0−6)はどうしちゃったの?」

「最初おしいポイントをいくつか落としてしまったのがいけなかった。(ラインぎりぎりのウィナー狙いがはずれたもの)あれで相手は調子をあげてきたんです。そうすると自分は固くなるし。」

スコアではコロッと負けたような印象を受けますが、結構デュースにまでもっていってタロー君は頑張っていました。しかし肝心な時のポイントがとれず、Jiri君のモメンタムを止めることができませんでした。

カリフォルニアでも親戚が住んでらっしゃるようなので、「どうしてカリフォルニアじゃなくて、スペインのテニスアカデミーを選んだの?」と聞いてみると、私が『クレーが選手を強くするスペインテニスに注目』の記事で書いたことと全く同じ理由を上げていました。ますます意見が合って嬉しくなりました。

コーチは「タローはまだまだこれから学ぶものが沢山あって4年くらいかかるだろう」と言っていましたが、まだ17才。 この若さで異国を転々とまわっているタロー君、しっかりと応援しますよ!

2010年のタロー君の主な活動

2月 トルネオ国際インカボウル(ペルー)決勝(18才部門)

5月 フレンチオープン・ジュニア2回戦

6月 ウィンブルドン・ジュニア2回戦

7月 スペインF26フューチャーズ2回戦

8月 スペインF28フューチャーズ準決勝

9月 US オープン・ジュニア3回戦

(9月11日)

タロー君のお父さんからメールが届きました!

「今回は息子についてくることができなかったので、ビデオで息子の様子が見れて本当に感謝しています。」といった内容で、17才の子供が一人で転戦しているのは、やっぱり親としてもものすごく心配な気持ちが伝わってきます。

子供たちが自分の夢を追って一生懸命に努力する。それを大人たちがサポートして夢の実現に協力する。たとえその夢が叶えられなかったとしても、そのプロセスは私たち大人にも夢を追いかける楽しさを与えてくれます。

このブログのおかげで見知らぬダニエル氏とも交流ができました。どんどん広がっていくこのテニスの輪。やっぱりテニスはやめられない!


About tennisnakama 2010 Articles
Former Reporter, producer, photo journalist. Living in New York. 元レポーター、プロデューサー、フォトジャーナリスト。ニューヨーク在住。

18 Comments on ダニエル太郎君に会ってきました

  1. nekotenyaさん
    WOWOWも注目してくれると嬉しいですね。何しろ彼は日本にいないのでなかなか彼の情報が手に入らないので、私ががんばりたいと思います。

    お父さんからも感謝のメールをいただきましたので、今度はお父さんの国際インターヴュー(今スペイン在住)を考えています。

  2. tennisnakamaさん いつもお疲れ様です。遅くなりましたが
    このブログでダニエル君を知って、wowowを見ていると、チラッと
    紹介されてました。nakamaさんが言われるようにテレビでも好青年で感じの良さが伝わってきましたよ。私もファンになりました!
    応援します!(^^)

  3. Ayayaさん
    私が彼に会ったのが木曜日。もし水曜日だったらお会いしていたかもしれませんね。とてもきさくな感じのよいタロー君でしたね。

  4. こんにちは!
    Taro Daniel君をググってたどりつきました。

    今回のUS Openでたまたま8日(水)の試合、
    ブラジル人との対戦を見ました。

    試合後、写真も一緒に撮ってくれたりと、
    とても好印象でした♪
    これからに期待ですね。一緒に応援したいと思います!!

  5. kei kunnさん、mamemamekoaraさん、
    ロジャーファンの方はさぞかしがっかりされていると思います。

    私はエピック試合に興奮してまして、このまま試合が終わりませんようにと願っていました。普段ですと、5セットは居眠りをしてしまうときがあるのですが、この試合は今までのUS Openの試合の中ではベストでした。

    tadashiさん、
    失礼ですがチャレンジャーは無理かもしれませんが、フューチャーズはいけるかもしれませんよ。今タロー君がフューチャーズで頑張ってますので、対戦できるかも。そうなると、私はどちらを応援するか?なんてことは聞かないでくださいね。

  6. サッカー選手は貧乏な家庭からぞくぞく優秀な選手が出てきますがテニスはそういうわけにはいかないんでしょうか。

    うちも貧乏の部類ですが息子をテニスのプロにしようと思ってます。息子の意志なんですが、、、どちらかというと黒人にちかい肌色なので更に困難が伴うかもしれませんが、、、

    貧乏人でもサッカー選手みたいにプロになれるという親の挑戦でもあります。体とバネと闘争本能は備わってますから少しは見込みが、、しかしいろいろお話聞いていると難しいかなと諦めもちらつきます。

    諦めそうになった時NHK国際放送のドキュメントでブータンのサッカー選手でストライカーなんですが、世界ランキングが最下位にちかいサッカー環境ながら母親のお店を手伝い、学校に通い、しかもお爺さんの介護までしながら国際試合に出場するまでのドキュメントを見て勇気づけられましたよ。

    うちの息子がダニエル君と試合する日が来ることを願ってます。

    私もとてつもなく不可能な夢を見てます。

    GSその他のトーナメント本戦は歩いて月まで行くより更に不可能でしょうが、、、チャレンジャーレベルの試合に出ることです。70歳までに実現したい!マジです。ヨットで世界一周するより難しいでしょうが、、、、、、、、

    話題変えまして、、、

    私はフエデラーが負けることを祈りながらテレビ観戦してました。私の念力がジョコビッチに届いたようでマッチポイントをしのいで勝ちを拾った爽やかな彼のインタビューが見れました。

    私としてはUSオープンで優勝していないジョコビッチとナダルの若者決戦を見たいのです。試合後、二人の抱き合うシーン語り合う様子が見たいですね。

    9月11日の意味を腕の喪章で哀悼の気持ちを表したロシアの兵隊さんユーズニーは立派でした。

    うちの近所にホンジュラス政府の大きな国旗がたなびいていますが昨日は半期でなかったので電話したらすぐ下げてくれました。ホンジュラス人も何人か亡くなっておるはずです。

    今日はUSオープンの男子決勝と娘(2歳)の誕生日パーティ、孫のような娘なんですがパーティを早めに終わらせて試合を一緒に見ます。

    しかし大変なことが、、、風船を膨らませる空気入れが壊れてみんなで必死に人力で100個の風船膨らませてるところです。

    これ以上コメントすると家内に叱られますので風船作業に戻ります。
    T.N.さんはじめコメントの皆さんHave a good day! Què tenga buenos dìas.

  7. 追記:肝心の、太郎君について、感想を書き忘れました!
     
    太郎君、日本では全然知られていませんので、書いてくださって、彼の存在を知ることが出来て嬉しいです。
    きっと、太郎君も、tennisnakamaさんに出会えて、ものすご~く心強く思ったはずです。
    いつも、文章を読んでいて、また、ティムさんの言葉からも、tennisnakamaさんは人にポジティブなパワーを与える、そんな力をお持ちのように思います。

    また太郎君の活躍など教えてください。そして、日本からも応援してますと、是非お伝え下さい!

  8. tennisnakamaさま、宮下さま、カラス店長さま、強くなろうと思ったら、そんなに費用がかかるものなのですね・・・。
    海外転戦や海外のアカデミーに所属するには、それなりの収入がないと(親に)無理だろうなとは思っていましたが、具体的に数字で見るとショックを受けますね。
    そして、コーチも大変なのですね。給料が厳しくて、更に世界中を選手とともに転戦して、家庭がある方もいらっしゃるでしょうし、家族の理解も必要ですね。いろんな選手のコーチの見る見方がこれから変わりそうです。カラス店長さま、頑張ってください!テニスの仲間を増やす、素晴らしいお仕事だと思います。

    kei kunnさん、私もロジャーファンなので、同じく一日ショックでした。まだまだ立ち直っていませんが、同じ方がいらして、勝手に少し気持ちが落ち着きました。
    それでも、全仏、ウィンブルドンと準決勝まで残れなかったのですから、今回それは良かったのかな、とプラスに考えることにしました。動きも良かったように思いましたし。新しいコーチ、アナコーン氏が正式にコーチとしてチームに加わったばかりですから、その影響が今後更にどう出るのか、たのしみにしながら、応援していきたいです。

  9. 久しぶりにコメントします!
    最近は忙しくて携帯で見ることがほとんどですのでなかなかコメントできませんでした。(読み逃げみたいですみません)
    太郎くんはすごく伸びのありそうなボールを打っていますね~。
    試合後だというのにしっかりインタビューに答えてくれててすごく好感が持てますし、ぜひとも今後活躍してもらいたいですね!

    それはそうと、ロジャーが負けてしまいましたね。
    もう本当にショックすぎて今日は一日ブルーでした…泣
    完全にロジャーとラファの決勝が見れるとふんでいたもので本当に落ち込みました。
    試合はロジャーペースで進んでいたように見えたのですが、サーブの確立が低かったのがまずかったのかな~と思います。
    フォアの威力や強靭さも以前に比べると落ちてきているようなきがします。ジョコも好調でしたが、やっぱり負ける試合じゃなかったような。。
    やっぱり年によるものなのでしょうか?ぜひともtennis nakamaさんの意見が聞きたいです!!
    またこの二人がGS決勝で戦う機会がくるのかなぁ

  10. カラス店長 殿 管理者 殿

     情報有難うございます。

     そうなんですか!もしかしたらそうかな、とは思っていましたが、想像以上に厳しいんですね。

     選手側も現在の賞金システムのように順位落ちるごとに1/2-2/5みたいな差の激しい状況では、スポンサ-から順位に関係なく契約期間中お金が支払われる一握りの選手を除いては、払いたくても払えないわけですね。

     絶対必要な移動費、宿泊費を除いてはギリギリの状態という選手が大半でしょうからね。

     最低で1000万の援助が必要ということであれば、日本の税制では親の所得は5000万以上は必要ですね。予定納税分まで含めれば5000万の所得があっても手元には2000万も残りませんからね。

     これではなかなか日本からジュニア時代から世界を転戦する選手の絶対数は増えませんね。

     それを思えば、状況が分かっている錦織が1stセットゲ-ムリ-ドからいきなり固くなって、ポロポロ落として結局セットダウンというのも分かります。

     錦織は、他の選手に比べてあまりに恵まれた自分の境遇を自覚しているので、僕らが思う以上にプレッシャ-を感じているのかもしれませんね。

     国内テニスコ-チの置かれてる状況が厳しいというのも良くわかります。僕と息子が個人レッスンを長年受けていたコ-チも遂にコ-チ業での生活の厳しさに不安を覚えて一昨年転職されました。人格・指導も優れた方でしたので、個人的にショックを受けました。ショックを受けたのは、彼の情熱と長年の努力が否定されてしまった現実にです。

  11. カラス店長さん
    日本のテニス界の事情に強い方からのコメントありがとうございます。

    世界的に有名なプロコーチでも給料はそれほど高くないのです。でもどうして彼らは転々としながら、コーチを続けていくのか? それはギルバートが語っていましたが、選手を育てる喜び、育てた選手がトップレベルまでのぼった喜びは何にも変えられない最上の喜びなのだそうです。

    でもあまり伸びない選手の場合は、コーチって最悪な職業だとも言ってました。

    ダビデさん
    内山君もがんばりましたね。彼は日本を拠点にしていますので、日本で十分情報が手に入ると思います。しかしタロー君の場合は情報入手が困難ですので、これからもいろいろ彼についてご報告できればと願っています。

  12. (同じ内容で追記として本文に書き足しました)
    タロー君のお父さんからメールが届きました!

    今回は息子についてくることができなかったので、ビデオで息子の様子が見れて本当に感謝しています。といった内容で、17才の子供が一人で転戦しているのは、やっぱり親としてもものすごく心配な気持ちが伝わってきます。

    子供たちが自分の夢を追って一生懸命に努力する。それを大人たちがサポートして夢の実現に協力する。たとえその夢が叶えられなかったとしても、そのプロセスは私たち大人にも夢を追いかける楽しさを与えてくれます。

    このブログのおかげで見知らぬダニエル氏とも交流ができました。どんどん広がっていくこのテニスの輪。やっぱりテニスはやめられない!

  13. tennisnakamaさん
    ダニエル太郎選手の情報をありがとうございました。
    もうすっかりお気に入りのようですね。(笑)

    もっと日本人テニス選手に世界で活躍してほしいと日々願っている自分にとっては、やはりダニエル選手にも(勝手ながら)期待してしまいます。
    わざわざアメリカを離れてスペインで武者修行しているあたり、特に。

    そういえばサフィンやマレーもスペインでならしたクチでした。
    テニスのような対戦競技の場合、いかに普段から強い相手と打ち合うかというのは、相手のショットへの対応という点で特に重要なのかもしれませんね。

    勝手に結論付けてしまいましたが、これからもダニエル選手の動向に注目してみようと思います。

  14. 突然ですが、宮下さんのコメントに絡ませて書かせて頂きます。

    日本人が海外を転戦する費用は約1千万と聞いています。
    最低でもそれ以上、両親が働いて稼いでいないとできないということになりますね・・・

    そして、私はコーチですので、そちらの面も書かせて頂きますと、日本ではコーチも大変です。
    給料が安いのは当然のこととして、海外転戦の同行も基本的には月給の範囲として殆ど手当が出ないそうです。
    私は知り合いにいませんが、ツアー同行のプライベートコーチだとしても高い契約料をもらえるわけではないでしょうね。
    なので、結構いい人がテニス界を去って行ってしまうんですよね・・・

    日本のテニス界の影の問題でもあると思います。

  15. ダニエル太郎君の記事を楽しく読ませていただきました。
    テストを兼ねて書かせて頂きます。

  16. 管理者 殿

     世界を転戦する選手たちの置かれてる経済状況は良く分かりました。やはりそうなんですね。

     タロ-君の口元から見える歯の矯正器を見ただけで、裕福な家庭の子供なんだな、とは分かりましたが・・・。

     それは親には大変ですね。アメリカは中間層が少なくなって、裕福な人間は極めて裕福でそれ以外はかなり厳しい状況らしいですから、タロ-君は銀のスプ-ンを咥えて生まれてきたのかな?いずれにせよ、自力でツア-を回れるくらいのレベルに上がってもらいたいものです。

     日本のトップ選手が国内でクリニックとかをこなせば数千万の収入が見込め、海外のチャレンジャ-転戦などアホらしくてやりたがらない、とよくテニス雑誌に書いてありましたが、それもうなずけますね。

  17. 宮下さん
    いつもきちんと読んでいただいて感謝しています。それにビデオの出来をほめていただいてありがとうございます。これって時間がかかるんですよ、結構。ご理解いただいて嬉しいです。

    さて、タロー君の場合は、全部自費だと思いますよ。自分の旅費はもちろんのこと、このコーチはカリフォルニアに住んでいますから、コーチの旅費やホテル代も、もちろんコーチ代もすべて自己負担だと思います。

    タロー君に「今までたった600ドルくらいしか稼いでないんじゃ、ご両親も大変ね」と言うと、すごく使っているといってました。メジャーなスポンサーがない場合は、裕福な家庭のご子息でないととても無理でしょうね。テニスアカデミーでテニスを習い、ツアーに出始めると、一体どれくらいの経費がかかるのかよく知りませんが膨大なことは確か。

    トップ150では賞金が約5〜8百万円。これではスポンサーがなければとてもやっていけませんね。トップ100でやっと一千万円以上。コーチだけではなくトレーナーなど、様々な経費がかさみますので、これでとんとんでしょうか。フェデラーやナダルのレベルは別として、パーフォーマンスの割に収入が少なく、経費が大きすぎるのがテニス。割に会わない職業です。

  18. 管理者 殿

    ダニエル太郎君の貴重な試合やコ-チや本人インタビュ-有難うございます。編集が大変でしょうが、そのままwowowでOA出来るくらいの出来栄えです。

    幾ら日系選手とはいえ、よほどの活躍をしてくれないことにはメデイアは取り上げてくれませんから、管理者殿の配信される情報はとても興味深く有難いです。

    このHPはテニス好きには堪えられない内容てんこ盛りで、本当に感謝しています。仕事でPCつけっ放しなので毎日チョクチョク覗いてます。

    一つ質問です。

    例えばタロ-君のコ-チの存在ですが、彼のpayは誰が負担してるんでしょうか?移動費・宿泊費などもあるでしょうし、所属するクラブが将来の先行投資として負担してるのでしょうか?

    先行投資とは言っても、サッカ-ならクラブ移籍金とかで回収も可能でしょうが、テニスにはそのような可能性はありませんし・・・。

    錦織のサポ-トチ-ムとかは、彼にはソニ-や日清食品や不二ラテックスなどの上場大企業がスポンサ-ですので経費は十分賄えるのでしょうが。

Comments are closed.