ATPワールドツアー・ファイナルズの開催地の変遷と歴史

November 23, 2011

8日間にわたってくりひろげられるベスト8のATPワールドツアー・ファイナルズ ATP World Tour Finals も今日で4日目。ちょうど半分まできましたので、ここでファイナルズについて少し歴史のおさらいしてみていたいと思います。

歴史は複雑で、トーナメント名、会場、ルールなどを頻繁に変更しながら、現在のATPワールドツアー・ファイナルズに至っています。

東京が第1回開催地(1970年)で、1989年まで通称ザ・マスターズと呼ばれ、毎年開催地を変えながら世界で開催されました。1977年にニューヨークに移転して以来、13年間マディソン・スクエアで行われたザ・マスターズは、マッケンロー、コナーズの黄金時代で、アメリカにテニスの大ブームを呼ぶテニス黄金時代を築きあげました。[private]

ATPが1990年からワールドチャンピオンシップテニス World Championship Tennis と改名し、フランクフルトでスタートを切ったものの、ITFの16名で構成されるグランドスラムカップ Grand Slam Cup(1990〜1999年)と競合することになり、さまざまな混乱を招いてきました。

しかしようやく1999年12月9日にATP とITFが合意に達し、競合する二つのトーナメントを統合してテニスマスターズカップ Tennis Masters Cupが誕生。

2009年にさらにルールが改善され、名称も新しくATP ワールドツアーファイナルズとなり、ロンドンが最初の開催地に決定し、今年で3年目を迎えます。

開催地は今までサーフェスや期間などそれぞれ異なってきましたが、ロンドンは契約の4年間を一年更新し、2013年までファイナルズのホストとなることが決定しました。なお2014年以降の開催地についてはまだ未定です。

開催地をみてみると、1990年から数年間ドイツが開催地となっていますが、ボリス・ベッカーの全盛時代と重なり、ドイツにテニス旋風を起こした時期でもあります。

そういった意味でも、ロンドンに5年間開催をコミットしたイギリスのアンディ・マリーに賭ける想いがいかに熱いを計り知ることができます。「2013までに何とかGSをとってくれ〜」 大変ですね。アンディ君は。

名称の変遷

Masters Grand Prix (The Masters)1970年
World Championship Tennis 1990年
Tennis Masters Cup 1999年
ATP World Tour Finals 2009年

過去のチャンピオンは以下のとおりです

フェデラーとサンプラスとレンドルは5回優勝でタイ。今年フェデラーが勝つと新記録の6タイトルとなります。

2010  フェデラー
2009  ダヴィデンコ
2008  ジョコヴィッチ
2007  フェデラー
2006  フェデラー
2005  ナルバンディアン
2004  フェデラー
2003  フェデラー
2002  ヒューイット
2001  ヒューイット
2000  キルテン
1999  サンプラス
1998  コレッチャ
1997  サンプラス
1996  サンプラス
1995  ベッカー
1994  サンプラス
1993  スティッチ
1992  ベッカー
1991  サンプラス
1990  アガシ
1989  エドバーグ
1988  ベッカー
1987  レンドル
1986  レンドル
1985  レンドル
1984  マッケンロー
1983  マッケンロー
1982  レンドル
1981  レンドル
1980  ボルグ
1979  ボルグ
1978  マッケンロー
1977  コナーズ
1976  オランテス
1975  ナスターゼ
1974  ビラス
1973  ナスターゼ
1972  ナスターゼ
1971  ナスターゼ
1970  スミス

2 Comments

  1. なるどですね。1970年第一回が東京というのが興味深いですね。

    やはり経済成長目覚ましい日本でのテニス普及を狙ってたんでしょうね。上海開催と同じですね。

    でも、東京と上海以外は開催地として意外性のあるところは少ないですね。ATP大会開催の呼び水みたいな感じになってるんですかね。

  2. この大会の概要がなかなか詳しく書いている文章が無くて記事のアップありがとうございました。
    どなたか知っている方がいらしたら、教えていただきたいのですが。

    1)今回のようにマリーが一試合した後に(この場合は負け)ティプサレビッチにバトンタッチした形となった場合はラウンドロビンの勝敗表はどういう形にする約束なのでしょうか(たぶんSF以降での棄権は単なる不戦敗かと思いますがそちらも別のルールがあるのでしょうか)。

    2)10年以上前に、レンドル全盛期(20年近く前か)の時に、5年間で3回以上優勝した選手には特別ボーナスがあり、本大会でレンドルがリーチをかけた、との記事を読んだ記憶があります。この辺についてご存じの方がいらしたら教えてくださいませ。

Comments are closed.