ナダルがシード5:ウィンブルドンのシードとドローの決め方

June 19, 2013 Wimbledon:

ウィンブルドンの32のシードが発表になりました。ナダルはシード5となり、準々決勝でトップ4のジョコヴィッチ、マリー、フェデラー、フェレールの誰かとぶち当たってしまうことになりました。クライマックスが早々にやってくるわけですが、シードの違いによってどのような影響が出てくるのか。今日はウィンブルドンのシードの決め方。GSのドローの決め方などを説明したいと思います。

[private]
Nadal-seed-5

ウィンブルドンのシードの決め方

ウィンブルドンは芝のサーフェスという今では特殊なサーフェスですので、ランキングだけでシードを決めるのではなく、芝に強い選手を優先する以下のフォーミュラが使われています。(1)+(2)+(3)の総ポイントで決まります。

(1)トーナメントの前週(今年は6月17日)ランキングのATPポイント
(2)過去一年間の芝トーナメントで獲得したポイント
(3)一昨年の芝トーナメントのポイントの75%

グランドスラムの出場選手は128名です。ドローは各32のシード選手にそれぞれノーシードの3人の選手が加わって1グループを構成します。グループのことをブラケット bracket といいますが、これで32のブラケットができあがります。ブラケットの4人で、まずは1回戦と2回戦を行いますので、32人のシード選手は2回戦までは対戦することがありません。

一昔前まではシードが16名でしたので、シードにもれたトップ30の選手が1回戦で早退してしまうハプニングがありました。たとえば今年のシードでいうとジョコヴィッチ(1) vs ラオニッチ(17) という危険な1回戦がありうるわけで、初戦からスリルがあったのですが、現在の32シードのGSではそういうスリルも減りつまらなくなってしまったという批判がよく聞かれます。

シードによる大きな差

シード4(フェレール)とシード5(ナダル)の違い
フェレールは準決勝までトップ4とは当たりませんが、ナダルは準々決勝でトップ4と当たってしまいます。

シード8(デルポトロ)とシード9(チリッチ)の違い
チリッチはトップ8と4回戦で当たりますが、デルポトロはトップ8とは準々決勝まで当たりません。

シード16(コールシュライバー)とシード17(ラオニッチ)の違い
ラオニッチはトップ16と3回戦で当たりますが、コールシュライバーはトップ16とは4回戦まで当たりません。こうなると悲劇の人はラオニッチです。芝でないGSならシード15をもらえたはずなのに、シード17まで落ちてしまったのですから、ちょっとかわいそう。

このようにシードによっては大きな違いがでてきます。錦織はシード12ですので、トップ16とは4回戦まで当たりませんのでホッですが、ハレのユズニーのように、ランキングは錦織よりもはるかに低くても、決勝まで進んでしまうようなとんでもない選手と3回戦までに当たってしまう可能性はあります。しかしシード順からいけば錦織は4回戦まではいけるはず。

ウィンブルドンのシード選手をグループ別に色分けしてみました。

(1)ジョコヴィッチ
(2)マリー
(3)フェデラー
(4)フェレール

赤の4選手はお互い準決勝までぶつからない。

(5)ナダル
(6)ツォンガ
(7)ベルディヒ
(8)デルポトロ

ブルーの4選手は準々決勝でトップ4と当たってしまう。

(9)ガスケ
(10)チリッチ
(11)ヴァヴリンカ
(12)錦織圭
(13)ハース
(14)ティプサレヴィッチ
(15)アルマグロ
(16)コールシュライバー

紫の8選手はトップ4と4回戦で当たってしまう。

(17)ラオニッチ
(18)イズナー
(19)シモン
(20)ユズニー
(21)クエリー
(22)モナコ
(23)セッピ
(24)ヤノヴィッチ
(25)ペアー
(26)ドルゴポロフ
(27)アンダーソン
(28)シャルディ
(29)ディミトロフ
(30)フォニーニ
(31)ベネトー
(32)ロブレド
黒の16選手はトップ4と3回戦で当たってしまう。

グランドスラムのドローのやり方(今年の全豪オープンを例にとって説明)

今年の全豪オープンのドローセレモニーのビデオがありますので、それをもとに説明します。ウィンブルドンは少々違うようですが原則は同じです。

(1)まずノーシードの96選手がコンピューターで振り分けられます。

(2)最初から決まっているのはシード1と2の選手のポジションです。全豪ではシード1のジョコヴィッチが128名のドローシートのトップに、そしてシード2のフェデラーがボトムでした。(ウィンブルドンではトップにジョコヴィッチ、ボトムにマリーですね。)

(3)次は準決勝のブラケットです。シード3と4ですが、全豪オープンではライン33とライン96のポジションが振り当てられました。3と4の番号札をトロフィーに入れます。最初に引いた番号がライン33となりトップハーフに入ります。全豪では最初に4が引かれましたので、シード4のフェレールがトップハーフに入りました。これでジョコヴィッチ(1) vs フェレール(4)。マリー(3) vsフェデラー(2) の準決勝のドローが決まりました。

(4)次は準々決勝のブラケットです。シード5から8までの4選手を引いた順番から決められたラインに入れていきます。

(5)次は4回戦のブラケットです。シード9から16までの8選手がこのブラケットに入りますが、ランキングの高い選手同士が当たらないように2回にわけます。まずはシード9から12の4選手を引いた順番に上から振り分けていきます。そしてその後のシード13から16までの4名選手をひきつづきまたトップハーフの上から順番に入れていきます。

(6)次は3回戦のブラケットです。シード17から32までのシード選手16人ですが、まずはシード17から24までの8選手をトップハーフの上から順番に入れていきます。そして最後はシード15から32までの8選手をまたトップハーフから埋めていき完了です。

では今年の全豪オープンのドローセレモニーのビデオをご覧ください。タイムログを1時間4分に合わせてください。

添田豪が予選3回戦を勝ち抜いて本戦エントリーが決まりましたね。どうかシード選手と当たりませんように。

✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦

ブログランキングに参加しています。下のアイコンのクリックをお願いします♡

6 Comments

  1.  さっそくのお返事、本当にどうもありがとうございました。

     ドローについてですが、主催者側の意向で操作することは不可能なのだと納得できました。おっしゃるとおりです。不正をやれば必ずいずれはバレます。興行面からいっても、フェデラーを早期敗退させて良いことはありませんね。

     今季、これほどの好成績を積み上げていっているナダルが第5シードなのは、確かにもやもやした思いもあります。おかげでフェデラーが「地獄のドロー」(笑)に組み込まれてしまったのですから。
     
     でも、ナダルが休養していた間の、他の選手たち、とりわけダヴィド・フェレールの頑張りを思うと、適切なシード順だと思います。

     たった今、フェデラーの1回戦を観終わったところです。センター・コートでの最初の試合だったのですね。芝の緑のきれいなこと!

     1回戦から早くも見ごたえのあるプレーが連発で、とても楽しめました。フェデラーは水を得た魚のようでした。1回戦のフェデラーってこんなだったっけ?と思えるほど攻撃的でした。

     「地獄のドロー」は、意外と吉と出るかもしれませんね。

  2. Chaoさん

    フィードバックありがとうございます。フィードバックがあると読んでいただいているのが分かりますので助かります。

    シードは記事でも述べましたようにフォーミュラが決まっておりますのでごまかしようがありません。
    ウィンブルドン以外の3GSでは前週末のランキングがシードになりますので、これもごまかせませんね。

    さてドローですが、番号を皆の前でひいていきますので、陰謀はどこで企むことができるのか分かりません。特にGSのようなメジャーではすべてを透明にしておかないと後で大変なことになります。

    インチキをやると必ずバレますので、そうなると大会のライセンスを失うことにもなりあり得ないと思います。

    ただラファがシード5位になることに反対して、例外をもうけてはどうか?という意見もありますが、これはメジャーな意見ではありません。そうすると公平さがなくなり、他の選手のファンから猛攻撃をうけることになり、毎回大変なことになります。

    フェデラーにできるだけ勝ってほしいのはテニス界の願い。観客動員数が桁違いですので、これはおかしな陰謀論ですね。一部のファンが勝手なことを言ってウサばらしをして楽しんでいるのでしょうね。

    シード、ドローはあくまでも透明に・・・というところでしょうか。(ウィンブルドンがクルテンの時代にシードの根拠を明らかにしませんでしたので、選手たちのボイコット騒ぎが起こりました)

    まあ、フェデラーファンの気持ちは分からないでもありませんが、ありえないでしょうね。

  3.  こんにちは。ドローの詳しい決め方が分かって、とても参考になりました。ありがとうございました。

     現在、フェデラーの公式サイトのコメント欄で、一部のファンが「ドロー陰謀論」みたいなことを言って騒いでいます。ここ数年のメジャーな大会のドローは、フェデラーに不利になるように決められていることがほとんどだというものです。「アホなことを言うな」、「いや、証拠はある!」と言い合っています。

     第1シードと第2シードはごまかしようがないと思うのですが、それ以下のシード、特に第3~8シードの場合はどうなのでしょう?大会の盛り上がりや山場の設定を考慮したドローにすることは、絶対にありえないのでしょうか?

     お忙しいと思いますので、お返事はどうか無理なさらないで下さい。ウィンブルドンが終わって、お時間ができたときにでも、簡単にご意見をお聞かせ下さると幸いです。
     

  4. stefanfanさん

    圭君と当たってしまったら・・・汗。また非国民と呼ばれてしまいそうですね。ドロー発表はいよいよ金曜のロンドン時間の朝10時。ニューヨーク時間は午前5時。日本時間は夕方の6時。アフリカの時差がまだ残っていて毎朝5時には起きていますので、即アップできそう。ワクワク、怖々。

  5. 本音を言えばきりがありませんが、どんなお山に当たろうがロジャーが今年も優勝して2000Pを守ってくれると信じて応援です。
    がんばるぞ~(・へ・)オシ!

  6. 添田に何とか頑張って欲しいですね。苦労人ですからね。

    本当に凄い選手なんですが、微妙に波があるんです。その微妙な波が許されないんですね、彼が身を置くレベルでは。

    予選上がりは運が悪いといきなり、トップシードですからね。でも、添田がゾーンに入ればシード5以下なら勝てるチャンスはあると思うんですけどね。

    とにかく添田には頑張ってもらいたいです。

Comments are closed.