現地観戦:錦織圭5セットのドラマでマリーを破り準決勝へ!

準決勝の切符が手に入りましたので観戦に行きます!

錦織vsマリーがデイタイムと発表されて即、USオープンのTicket Exchangeのオンラインで翌日の切符を入手。夜のセッションがデルポトロvsヴァヴリンカですが、これはスキップです。(財布がもたない)たいていの切符は2枚ごとのセットで売っていますので、一枚のみを探すのは難しいのですが、結構良い席が見つかりました。昨日試合の様子を刻々とTwitterでお伝えしましたが、今日は幸せ感を味わいながら、振り返ってみたいと思います。

当てにならないジョン・マッケンローの予想

マッケンローが盛んにナダルを褒め「優勝かも?」なんて予想を立てたものですから、それをすっかり信じて記事を書いてしまいましたが、今回も見事な空振りでした。ESPNやSkySportsの解説者たちは全員揃ってマリーの勝利を予想していたそうです。その中でも最も自信ありげに予想していたのがマッケンローだったとか。

私は現地で観戦していましたので、彼のコメントを聞いていませんが、ある記事のコメントで読者が彼のいい加減な予想に不満を書いていました。しかしスポーツの面白さは予想通りにいかないこと。ジョコヴィッチvsマリーの退屈な決勝だけは錦織の勝利で免れることになり、多くのテニスファンは大喜び。フェデラーが欠け、ナダルの不調でつまらなくなってきたテニス界には新しいチャンピオンが必要です。そのためにも錦織には頑張って欲しいと思います。

ホームゲームかと思われるほどの高くなった錦織の人気

グランドスラムの試合は全くテニスを知らない人々が多く集まってきますので、錦織が活躍していても、今までは無名に近かったのですが、今年は圧倒的に人気が錦織に集まっていました。足の親指の手術の直後で、出場も危ぶまれた2014年に決勝まで進んだ彼の武勇伝が広く世界に報道され、彼のプレーを始めてみてファンになった人たちも多いと思います。そしてリオのオリンピックでナダルを破り銅メダル。

APのカメラマンが私が錦織を応援しているのを見て、「Keiに勝って欲しいね。マリーは嫌いだよ。」と話しかけてきました。会場でかなりの人たちになぜ錦織を応援するのか?と聞いてみたところ、ほとんどの人が「錦織は慎ましい好青年」「マリーは生意気で態度が悪い」の答えでした。プレー云々よりも、選手の性格や態度が人気に反映するのですね。そういえば私が記者だった頃、マッケンローの超生意気な記者会見は実に嫌なものでした。いくら天才と言われてもあの態度はいただけません。

観戦記事について

試合の様子を後日まで残せるように、ブログにまたツイートを転載することにしました。前日のTwitterで以下のように現地報告をしてみましたが、ツイートの合間に感想を付け加えましたので、そこは分かりやすいように赤文字にしました。写真やビデオを加えたツイートはTwitterからの埋め込みです。

9月7日午前11時半

準々決勝:錦織 def マリー:1-6 6-4 4-6 6-1 7-5

第1セット:1-6

マリーのサーヴ: 錦織の速攻!ワイドに振って15-0。早速出ましたBHのダウンザラインのウィナーで30-0。アグレッシブな圭くん。しかしマリーはしぶとくディフェンスで挽回してデュースへ。力み過ぎた錦織はエラーが続きチャンスを逃してしまった。

錦織はネットラッシュ。アグレッシブでいい感じです。ディフェンス選手のマリーには速攻が有効。今度はネットでスマッシュ!マリーをワイドに振ってFHのウィナー!ペースの速い錦織テスス。調子が良い良い? 1-1

錦織がまたネットラッシュ。しかしあまいネットプレーでマリーのロブウィナー。ダブルフォルトで30ー40のBPでブレークされてしまった。やっぱりサーヴがネック…1-3

第5ゲームでマリーのサーヴ。錦織は焦る気持ちをよくコントロールして、得意のFHのインサイドアウトのウィナー!出ました!BHのインサイドアウトの難しいウィナーです。
40ー40。さあブレークできるか? 残念!ネットにかけるエラー。でもエラーを気にしない。

スコアは4-1でマリーのリード。マリーは手堅く錦織を左右に攻め、錦織の足がついていかない。デュースでダブルフォルトをしてしまう錦織は硬い!FHを出してしまって自爆。パニック気味の圭。落ち着いていこう!1-5

気ばかりが焦ってポジションについていないのに、リスキーなショットを打って自滅してしまった錦織。第1セットのスコアは惨めにも1-6。第2セットに期待したい。影もなく風もない良いコンディション。

第2セット: 6-4

今日は日陰の席といい、閉まった屋根といい、願っていたことがすべて叶いました。完全に閉まるまで10分ほどの時間がかかりますので、選手たちはロッカー室へ。このわずかなサスペンションが試合を左右するだけに、コーチも大変です。錦織は勝利の後、チャンのアドヴァイスが有効だったと語っていましたね。流れが錦織にシフトしかけただけに、どんなアドヴァイスを受けたのでしょうか?

錦織のドロップショットのウィナー! もっと試合がみたい観客は錦織に大喝采!会場のほとんどが錦織を応援!

おお!錦織が大胆にもサーヴ&ヴォレーでゲームポイントを!4ー3。ゆっくりとBHのダウンザラインのウィナー。コントロールを狙った渋いショット。解説者が「ボールが
ヘヴィーになったような感じがしますね。」

見事‼️ 落ち着いて華麗なショットで会場を沸かす錦織。錦織のBHのリターンウィナーです!錦織のセットポイント‼️やりました‼️ 会場は大騒ぎ。6-4でスコアは1-1。気持ちよく錦織が打っています。

第3セット:4-6

いつものパターン?錦織はあっさりと0-40でブレークされてしまった….気が緩んだのではなく、気張りすぎのショットが増えてきた。大切なのはcontrolled aggressiveness。錦織のBHのウィナーでブレークバック‼️

マリーのレベルが落ちてきた。リードされ始めるとイライラをコントロールできなくなるマリー。エラーが増えてきたところを、錦織はじっくりと攻めるべき。焦ってはいけない。3-3。錦織がポイントを取るたびに、マリーより倍以上の拍手が。

錦織はダブルフォルトでBP。そしてエラーで自爆? こういう隙のあることをすると、すかさず狙われて流れが変わってしまうので要注意。しかし気を引き締め直した錦織におされて、マリーはエラーの連発でブレークバックを許してしまった。4ー4

錦織はチャレンジャーの時からブレーク合戦を続ける悪い癖があるので、慣れっこですが、エラー連発でまたブレークを許してしまったのは勿体無い。マリーにセットポイントを取られて4ー6で第3セットを落としてしまった。このセットは勝てただけに残念。

第4セット:6-1

出ました!錦織のシグネチャーリターンエース! ダブルブレークに会場は大喝采。5-1。そして何と6-1で錦織がセットをとってしまった。皆でハイファイヴです!5セットの王者、錦織よ、行ってしまおう!

第4セットは錦織がアグレシッブな攻めのプレーでテニスの醍醐味を見せてくれました。ウィナーが多い彼のテニスはスカッとストレス解消です。隣に座っている奥さんは全くテニスを知らないど素人。横に座ってマリーを応援する夫に逆らって、どんどん錦織の応援度が増し、夫婦で対抗していました(笑)スピードとオフェンスの華麗なテニスで魅了する錦織。あとで夫婦喧嘩にならなければ良いのですが。

第5セット:7-5

決定セット(GSでは5セット目、ツアーでは3セット目)の勝率が8割近くを誇る錦織。しかしマリーの勝率も同じくらい高いですが、USオープンの経験度が違います。2年前にラオニッチとヴァヴリンカを5セットで破った試合を思い出して欲しい。

すでにマリーをブレークして2ー0。運転席に乗って快速でドライブする錦織。焦りまくりどうでもよいミスを犯すマリー。メンタルの 弱点がもろに。レンドルがギッとにらみつけて「貴様、何をやっとるか!」の怖い顔(?)

レンドルの怖い顔に応えて、一気に0-40までおいつめたマリー。あっさりと0-40でブレークバックを許してしまった錦織。錦織のFHが入らなくなってしまった? 2-2。

ショットの組み立てが上手い錦織。FHのダウンザライン、ドロップショットのウィナーが華麗に決まります。フットワークも軽やか。サーヴがよくなってきています。あと2ゲーム。見事なサービスリターンでエース!しかしマリーも負けてはいません。壮絶な戦い!

4ー3で錦織のサーヴ: ここで気を緩ませてはいけない。40-0からBPに。錦織のエラーでブレークバックされてしまった・・・4ー4。相手はGSのチャンピオン。甘く見てはいけない。

もちろん圭くんの勝利も嬉しかったですが、感激だったのは会場の多くの人たちの応援があったこと。まるでホームゲームでした。飛び上がって彼の勝利を喜ぶ人達に支えられながら、世界に飛翔していく錦織圭!

nishikori-fans-2016

(余談)

10 Comments

  1. そうでしたか、テニスをお休みされてるんですね。それは、ちと、寂しいですね。やはり膝のトラブルなんでしょうか。

    でも、僕に比べれば良いですよ。僕なんか、脳内動脈瘤の4mmくらいのを抱えてますからね。パチンときたらアノ世行きです。でも、あと12年は生きれそうですから、ヨシとしてます。

    テニス観戦はテニスをしてたからこそ分る面白さがありますから、是非、管理者殿のレポ-トや分析をお願いしたいですね。

    • comoestaさん

      膝が完治すればそろそろ年末ごろにカムバックしたいと思っていますが、今までほどはプレーしなくなると思います。しかしコーチの元で現代テニスを教えてもらいましたので、それだけでも観戦に大いに役立って楽しいですね。

  2. tennisnakamaさん、観戦レポート有難うございます。
     Moominさん、atomさん、お久しぶり
    本当に臨場感のある解説で楽しいですね
     とりわけ、勝利後の観客の祝福映像、nakamaさんのJセンスが発揮されて!
      また、WOWOWの映像では、カルロピッチのサービスの角度、威力は判然と
       しなかったので、「あのサーヴをことごとくリターン」「驚愕」も
        生観戦から得られる重みが有り、嬉しいですね。
    次は天下分け目の3位争奪戦・ワウさんとの直接対決、
     nakamaさんの応援レポートが楽しみです。
      程よい「生観戦は面白い。こうなればとことん突っ走ってみたい」は
       nakamaさんのエネルギー源ですものね 

    • satoさん

      本当に昔の仲間が集まってきてくれるようでとても嬉しいです。

      私のどのコメントが面白かったのか、のフィードバックはとても役立ちますので感謝です。
      現地で生観戦している者しか伝えられない感想をツイートしてみたいと思っています。

  3. tennisnakamaさんの解説は臨場感があって楽しいです。
    カーロヴィッチとマリーのサーヴを破ってきたのですから、次のスタンもきっと大丈夫!
    tennisnakamaさん、熱い応援よろしくお願いします!
    私も日本から念をおくりますっ!(笑)

    • atomさん

      カーロヴィッチのあのサーヴをことごとくリターンしたのをこの目で見て驚愕でした。スタンはBHですね。圭くんは何度もStay calm, stay focusedしなければ、と語っていますので、エースやウィナーを取られても、揺らぐことなく攻めていってくれると思います。

  4. 観戦記事、嬉しいです。自分が見ていた試合の物だと特に「ああそういうことだったのか」となります。tennisnakamaさんはひょっとしてスタジアムでの観戦は1年ぶりですか?楽しんでいらっしゃいます?

    とにかく本当に嬉しいです。嬉しい、これしか言いようがなく申し訳ありませんが。

    • moominさん

      カムバックしましたよ〜! 読者の皆さんもぼちぼち私のブログを読み始めて下さってるようで、本当にありがたいことです。

      ウィンブルドンでブログを再開したかったのですが、テニスを辞めてしまいましたし、試合も見る気にならず、実はブログを辞めてしまおうかと迷っていたところだったのです。

      圭くんの記者会見も招待されたものの、試合はず〜っと見ておりませんでしたし、朝も8時と早かったので、正直言って気があまり進みませんでした。
      でも不思議ですね。血が騒ぎ出したんです。昔とった杵柄とでも言いますか、ほとんど仮死状態だった自分が息を吹き返してきたのです。

      そしてあまり期待せずに選手たちの練習を見に行っているうちに、テニス観戦がだんだん面白くなってきました。その結果、ほぼ連チャンのペースで通い続けることになったわけですが、やっぱり生観戦は面白い。こうなればとことん突っ走ってみたいと思います。明日準決勝で圭くんを応援してきます!やっぱり走って生きている時が一番楽しい。

      • えっ、辞めないで!ブログやめたらダメです。体調と気力がまた軌道に乗ってきたら、コスト面もご検討下さい。質の良い記事の読み逃げは心苦しいものです。

        私も結構な年齢になりましたが、ここから先は人生メンタルだと思っています。tennisnakamaさんのメンタルも完全復活間近!ご家族の皆さんもきっと走り出したtennisnakamaさんを応援なさっていると思います。

        • Moominさん

          いつも(気持ちが)輝いていたいと願っているのですが、歳を取ってくると難しいですね。突っ走ってしまうと燃え尽きてしまいますし、トロトロと歩いていると気分が盛り上がりませんし・・・フィジカル面はいくらでも鍛えられますが、メンタル面はそうはいかない。調節をうまくやっていければ良いのですが。

Comments are closed.