ナダルのメディカルレコードが暴露

Sep. 20, 2016

ウィリアムズ姉妹のメディカルレコードがハックされたかと思うと、今度はナダルのドーピングテストの結果がハッカーグループのfancybear.netによって暴露されてしまいました。いつまでたってもドーピングの黒い噂が絶えないナダルですが、テストの結果が公表されたことで、無実が証明されたものの、TUEなどの多くの問題点が浮上してきました。

fancybearファンシーベアの目的

ロシアの多くのアスリートがドーピング違反でオリンピックの出場権を失ってしまったことに対して、不満とするハッカーグループがWADA (World Anti-Doping Agency)のシステムをハックして、数多くのアスリートのメディカルレコードを次々と公表して、スポーツ界に大きな波紋を投げかけています。

ナダルのメディカルレコード

ナダルの記録で問題視されるのは、2009年と2012年で禁止されているステロイドの使用です。以下はWADAが開発したADAMS (The Anti-Doping Administration & Management System)のシステムを使ったナダルの公式記録です。

nadal-medical-2009

nadal-medical-2012

2009年9月ではBetamethasoneを、2012年8月ではCortictorophinsを服用していたため、検査はポジティヴな結果となっています。いずれも禁止されているステロイド系の薬です。ではなぜドーピング違反としてWADAは公表しなかったのでしょうか?

TUEのアビュース?

アスリートは過激なトレーニングと試合で故障がつきものです。早急な回復のために最も効果のある薬を飲むことになりますが、多くの場合がドーピングのリストに入る薬になり、ドーピング違反にならないように、医者の診断と処方箋を前もってWADAに提出して許可を得なければなりません。

しかし提出したからといってWADAが薬の使用を許可するとは限りませんが、ナダルの場合は2度とも許可が下りて合法となっています。禁止されている薬の服用に例外を認めるケースをTUE (Therapeutic Use Exemption)と呼んでいますが、ハッカーのおかげで多くの選手がTUEを受けていることがわかり、アビュースではないか?とWADAのやり方に批判が起こっています。

ナダルは透明な検査に賛成

皮肉にもハッカーによって無実が実証されたナダルでしたが、「これからはWADAは検査結果を公に発表するべきだ」と組織の透明化を強調していました。

ナダルは特にフランスではドーピングの噂が絶えず、4月にも元スポーツ省大臣のバシェロ(Bachelot)女史がナダルをドーピング違反の選手と決めつけて批判。「もういい加減にしろ!」と怒り心頭したナダルは彼女を名誉毀損で告訴し、裁判が来年の7月7日に行われることになりました。

なぜナダルにいつも黒い噂が立つのか?

スペインでは大量のサイクリストがドーピング違反をしていることが判明して大きなスキャンダルを呼びましたが、オペレーション・プエルトと呼ばれるドーピング行為の張本人がドクターフエンテス。2013年に有罪判決を受けましたが、実は彼はナダルが一時かかっていた医師だったのです。これはいつまでたっても悪いイメージがつきまといます。しかもナダルは故障の連続で禁止されている強力な薬を服用しなくてはならない・・・

バシェロ女史の「WADAはナダルと組んで検査結果を隠していた」などの虚偽の発言を防ぐためにも、「WADAは選手のドーピング検査結果をウェブサイトで公表し、透明さを証明するべき」というナダルの意見に賛同です。

4 Comments

  1. やや、モモちゃんはモモくんでしたか!かわいいですね~。
    シェルターからいまやマンハッタンのお家ネコなんてすごいシンデレラボーイですねえ。きっと長生きするでしょう。

    ラファの件、裁判に影響ありませんように。
    ところで次記事のマッケンローの映画、超つまんなそう。何でそんなの撮るんだろう。。

    • モモはもう12歳で、人間でいうと70歳なんだそうです。前の猫のジロとユキがそれぞれ20歳まで行きましたので、長生きしてもらいたいと願っています。

  2. ありがとうございます。この記事、知りたかった内容です。
    WADAがTUEを認める場合は、何かはっきりとした定義があるんですかね~。。ラファのようなトップ選手だから承認された、とかだったらショックですね。アビューズと言われても仕方ないかも。(まあそんなことはないと思いますけど、ジョコとかのも見たい気が)

    それから、Tennisnakamaさん、おかえりなさーい!いきなり沢山の記事が更新されていて驚きました!やっぱり、私にとって一番面白いテニスブログです。術後の経過が思わしくないのではと心配していましたが、この先もマイペースで更新していただけたら嬉しいです。休みたいときはドカッとお休みして下さいね。モモちゃんも元気でしょうか?

    • IKAMIMINEKOさん

      コメントをいただき嬉しいです!

      TUEの定義が曖昧だと思いますね。やはりナダルのようなテニス界にとって欠かせない選手には甘くなるのかもしれません。
      しかしシャラポヴァのように、新しく禁止された薬物をそうとは知らずに(メールを読まなかった)服用していたのは、WADAも目を瞑るわけにはいかなかったようですね。

      モモちゃんのビデオを今朝撮ってTwitterに載せましたのでご覧になってください。

Comments are closed.