世界に羽ばたく未来のスター誕生:大坂なおみ

Sep. 24, 2016

いよいよ東レPPOの決勝が始まります。大坂なおみvsウォズニアックの対戦はベースライナーの戦いで面白い試合となりそうです。大坂なおみ選手について日本では知られていない情報をできるだけ集めましたので、決勝前のウォーミングアップとしてご覧ください。

大坂なおみ

18歳(10月で19歳)身長180cm。体重69kg。シングルス66位。豪快なサーヴとビッグFHが武器で、USオープンで時速201キロの炸裂サーブで30位のココ・ヴァンデウェに勝利。(試合の結果は日本でも伝えられていますので、ここでは省略します)

USオープンの時に近くで彼女の練習を見ましたが、立派な体格に驚きました。今まで何人もの日本女子選手を見てきましたが、アメリカで育ったせいもあるのでしょうが、体格だけでなく空気が違ってました。どこに行っても動じないというか堂々としていて、相手を威圧する雰囲気を持ち合わせていました。「すごい選手になる」と直感。

nao-chi-tennis-bag

ニックネームはNao-chi。かわいいですね。私の猫は桃太郎ですが、省略して普段はモモ。しかし彼と遊びたい時は、モモチ〜と猫なで声で呼んでいますので親近感を覚えます(猫と一緒にしてすみません)

性格は本人曰く「内気で内向的」。テニスをしない時はポケモンを追っかけている普通のティーンネージャーとのことですが、日本では時々独自の冗談が通じなくて誤解されることがあると言ってました。しかしこれは言語と文化の違いからくるもので、ある程度仕方がないのでは。

Tennisworldが「静かな戦士」というタイトルで特集を組んでいました。私が観戦した印象としては、窮地に陥っても決して乱さない武士の娘のような威厳を備え、静かに燃える戦士といった感じ。まだ対戦したことのないセリーナ・ウィリアムズですら、「危険な選手みたい」と感想を述べていましたので、大したもんです。

ダニエル・バロッグ(オクタゴンのエージェント)Daniel Balog

「なおみ」のスペルは語源がヘブライ語のNaomiと同じで、世界でもよく使われている名前です。「Naomiはバックグランドがマルチカルチャーでいろんな層にアピールするマケット性があります。」と語るのはエージェントのバロッグ。「しかし日本のスポンサーを増やすには、もうちょっと日本語を勉強してもらわなければ。」有明の会場で初めて彼女の日本語を聞きましたが、典型的な海外で育ったハーフの子供のたどたどしい日本語でした。ニューヨークで生まれた私の息子もハーフですが、大学で日本語を勉強しましたので、かなり上手くなりました。

日本を代表するスーパースターとなる日が近いなおみちゃん。錦織のように何億もするスポンサーを見つけ、また日本のファンのためにも、日本語の家庭教師を雇ってみてはどうでしょう。

レオナルド・フランソワ(父)Leonard Francois

ハイチ生まれのアメリカ人。彼のTwitterにはプロデューサー、フィルムメイカーと書かれていますが、掲載されているウェブサイトは存在せず。たぶん娘のテニス業が忙しくなり、仕事と両立しないのでやめてしまったのかもしれません。彼のテニスは言ってみれば素人ですが、セリーナの父親のように、クラブに通わせないで自ら娘をコーチングしてここまで育てたのですから立派なものです。

お父さんはアメリカのテニス協会にもサポートを頼みましたが、多くのトップジュニアを抱えるアメリカからは期待したサポートは得られず、日本テニス協会でコーチングなどのサポートを得て、大坂なおみは日本の旗を掲げてプロとしてスタート。

パトリック・トーマ(元コーチ)Patrick Tauma

15歳の時に真剣にテニスに取り組むことを決心し、フロリダのテニスアカデミーのトーマ コーチの元でトレーニングを。彼はヴィーナス、セリーナ、シャラポヴァ、カプリアティ、マリー・ピアスなどの数多くのチャンピオンを育てた有名なコーチで、当時15歳のなおみちゃんが自己紹介しているビデオがありますので紹介します。

デヴィッド・テイラー(コーチ)David Taylor

有明でサミー・ストーサーのコーチだったテイラーがベンチでコーチングをしています。彼がコーチだと力強いですね。「リラックスしさえすればちゃんと打てるんだから。」サーヴが入らない大坂に力を抜くように何度も注意していました。ベテランの名コーチを迎えて、決勝も心強いですね。

osaka-taylor-2016

なおみちゃんをソーシャルメディアでフォローして応援したいと思います!

Facebookは https://www.facebook.com/naomiosakaWTA/
Twitterは https://twitter.com/NaomiOsakaWTA
お父さんのTwitterは Leonard M Francois https://twitter.com/maximefrancois
お母さん(環たまき)のTwitterは https://twitter.com/Liberty19950925
お姉さん(まり)20歳で704位。頑張れ、お姉ちゃん!

naomi-osaka-family

家族でセルフィー

 

3 Comments

  1. ナオチのランキングの駆け上がり方がすごいですね。18歳になると試合数も制限がなくなるので、どんとランキングが上がりましたね。しかしWTAのランキングシステムが違うので戸惑っていますが、ポイントシステムももっと勉強して、彼女のランキングを追っていきたいと思っています。

  2. tennisnakamaさん、早速にNao-Chiの貴重な情報の
     紹介を有難うございます。
    日本語では「ナオミチャン」と呼んで と紹介されていますが
     多分、この『ナオッチ』がお気に入りなのですね。
    そして、15歳のなおみちゃんが自己紹介しているビデオ 私は
     初めて拝見しました。
      うれしいですね、日本のみんなにも知らせなくては。
    ナオッチは、コーチングのタイミングも考えていますね。
     ブレイク直後のコートチェンジ間にデヴィッド・テイラーさんを
      呼んでいました。自分の戦術の確認・整理への利用が上手ですね
    会場で次戦の相手の対戦を短時間見ていましたが、その時はお父さんが
     寄り添って話をしていました。
    肩の方は、第一セットの中盤にペットボトルで冷やしていましたね。
     今期、断続的に軽い肩の炎症を生じているのではと、スタッツからは
      想像しています。
       その時期は極端に1stサーブのスピードを抑えていますし。
    横の動きの向上を図る上でも、良いフィジカルトレーナーの参加が
     不可欠と思うことがあります。トップを伺う逸材として、日本テニス協会の
      本気度が問われる局面ではないでしょうか。

  3. なおみちゃん情報、ありがとうございます。
    彼女を応援するときは“カモ~ン、ナオち~!”って声援送れば良いのかな?(笑)
    東レの決勝、2時位に開始なら有明コロシアムに行こうと思っていたのですが12時開始だったので、外出から帰ってきて途中からテレビ観戦。
    残念ながら準優勝でしたが、観る度に強くなっている感じがします。
    まだまだたどたどしい日本語はご愛敬という事で(笑)

Comments are closed.