Archive | フェデラー RSS feed for this section

ツォンガがジョコヴィッチとマリーを破り準決勝へ:勝利のレシピとは?

Aug. 9, 2014 Rogers Cup:(更新2) フェデラーがフェレールを、ディミトロフがアンダーソンを、フェリシアーノ・ロペスがラオニッチ、そしてツォンガがマリーを破り、ロジャーズカップの準決勝に進出しました。ジョコヴィッチとヴァヴリンカの早期敗退で、乱戦模様となった大会でしたが、今までにない顔ぶれとなり、興味深い準決勝となりました。特にジョコヴィッチとマリーを破ったツォンガの活躍は目を見張るものがあり、勝利のレシピを探ってみました。

Read full story 8 Comments

誕生日おめでとう!ロジャーが33歳になりました!

Aug. 8, 2014:(更新) いよいよフェデラーが今日の8月8日で33歳となりました。昨日のチリッチとの試合では、いつもなら第2セットを落としてしまうと、そのままエネルギー度が下がってしまい、エラーが増えて自滅となるパターンが多かったのですが、エイ!Gotxxxxmit! などと大声を上げて最後までインテンシティをキープして、7度目のマッチポイントで勝利を獲得しました。テニス365の時代から読んでくださっているfederogさんからの芸術的なHappy Birthdayの作品をお届けします。

Read full story 5 Comments

フェデラーがタイトルをとるために何が必要なのか?

July 8, 2014 Wimbledon: ウィンブルドン決勝でエドバークとベッカーがコーチとして同時に座っているのを見ると、とても不思議な気持ちにかられます。20年前のライヴァル選手だった二人が、今コーチとなって、再び激突するとは誰が想像したでしょう。ボリス・ベッカーはウィンブルドンで3度優勝。ステファン・エドバーグは2度優勝。二人のプレースタイルはいずれもサーヴ&ヴォレーですが、エドバーグのヴォレーはテニス史上でも最も美しいヴォレーと言われ、ベッカーは炸裂するサーヴが武器。35回も対戦してきた二人ですが、今回はベッカーメンタルを得たジョコヴィッチの勝利となり、フェデラーは惜しくもGSタイトル18を逃してしまいました。

Read full story 2 Comments

メンタルの厚い壁を破りジョコヴィッチがウィンブルドン優勝

July 6, 2014 Wimbledon: ウィンブルドンの決勝は悲喜の涙とともに、感動的な5セットスリラーで幕を閉じました。ジョコヴィッチは3度連続決勝に破れたメンタルの厚い壁をやぶり優勝。フェデラーは惜しくも優勝を逃したものの、5セットの激戦を対等に戦える実力と体力を証明し、GSタイトル18への現実性が増してきました。女子の決勝があっけなくクヴィトヴァの一方的な勝利に終ってしまっただけに、一瞬の隙をも許さない死闘の男子決勝は、史上ベストに入る素晴らしい決勝だったとマッケンローを唸らせました。まずは二人の感想をどうぞ。

Read full story 3 Comments

やはり経験とメンタルの勝利:フェデラーとジョコヴィッチが決勝へ

July 4, 2014 Wimbledon: >フェデラーは決勝に進める可能性があります。ジョコヴィッチと決勝となれば、フェデラーが勝つかもしれません。<  と6月21日に予想の記事を書きましたが、ナダル優勝は大きく外れてしまいましたが、ジョコヴィッチが対戦相手ならフェデラーが勝つ可能性は大きいという予想は変わっていません。キリオスはフェデラーに恩返しをしました。

Read full story 6 Comments

ウィンブルドン準決勝をスタッツから分析

July 3, 2014 Wimbledon: いよいよ明日6月4日はウィンブルドンの準決勝。ジョコヴィッチ vs ディミトロフ、フェデラー vs ラオニッチの順で午後1時から開始されます。まさにネクストジェネレーションとの対決となり面白くなってきました。芝はビッグサーヴ、パワーショット、スライスが特に有効で、ネットラッシュも加わったヴァラエティに富んだ試合が楽しめそうです。そこで4選手の成績表を作成してみました。  

Read full story 2 Comments

ウィンブルドン Day 2: 錦織が2回戦へ、伊藤と杉田は1回戦惜敗

June 24, 2014 Wimbledon: ワールドカップで日本がコロンビアに完敗してしまいましたね(涙)・・・日本、イギリス、スペインはW杯敗退国となり、その分ウィンブルドンへの関心が一層高まり、錦織圭、マリー、ナダルはプレッシャーで大変だと思います。3選手とも無事に2回戦進出を決めましたが、残念ながら伊藤竜馬と杉田祐一が1回戦で敗退してしまいました。フェデラー、ヴァヴリンカ、錦織が快勝。ナダルはまだまだ本調子からほど遠いプレーでしたが、興味深い試合内容でした。

Read full story 6 Comments

フェデラーが錦織に芝テニスを教授してハレ決勝へ進出

June 14, 2014 Halle:(更新) 日本がアイヴォリーコーストに負けてしまいましたね。(涙)また錦織もフェデラーに敗退。「絶対ハレのタイトルはディフェンドするぞ!」という意気込みがフェデラーの態度に出ていました。今までは意気込みはあっても持続せず、エラーが増えてしまってセットを落とすことが多かったのですが、マッチポイントで勝ったことにも気がつかなかったほどの集中力で、第2セットのタイブレークを取って決勝に進出です。錦織はかなり芝にも慣れ、よいフットワークをしていましたが、やはりウィンブルドンの7タイトルのチャンピオンの芝テニスにはかないませんでした。しかし芝テニスの模範プレーを示してくれたフェデラーから多くを学ぶところがあったと思いますので、ウィンブルドンでの活躍が期待できそうです。

Read full story 8 Comments

全仏オープンでグルビスに4回戦敗退したフェデラーは「気持ちはすでに芝」

June 2, 2014 French Open: (更新) 私の予想が当たってしまい、4回戦の5セットの末、グルビスにフェデラーが敗れてしまいました。「クレーは楽しかったが、もう気持ちは芝にいってるよ。」と語るフェデラー。昨年はツォンガに準々決勝でコロリと負けてしまって、ハレの芝で優勝しましたので、早くホームのようなハレに戻りたい気持ちなのでしょうが、かといって昨年のウィンブルドンではスタコフスキーに2回戦で敗退というショッキングな結果を招いてしまいましたので予断を許しません。

Read full story 5 Comments

ナダルと錦織圭がきびしいドローの全仏オープン

May 23, 2014 French Open: いよいよ全仏オープンが日曜から始ります。錦織圭(10位)は初戦からクリザンと当たり苦戦を強いられそうです。ランキングは高くありませんが、クリザンは先月ハースとフォニーニを倒して優勝したばかり。手強い相手です。本命とされるナダルは今年敗れてしまった選手のアルマグロ、フェレール、ヴァヴリンカ、ジョコヴィッチが対戦相手として待機しています。試練のパリとなりそうです。そこで全仏オープンの予想を行ってみました。

Read full story 6 Comments
UA-6754709-2