楽天ジャパン生観戦記:Day 1 & 2

October 1, 2013 Raketen Japan Open:

comoestamiyasitaさんが二日にわたって観戦され、観戦記をコメント欄にいただきました。4試合の報告はそれぞれ面白く、私の独断で記事掲載にさせていただきました。(許されよ)

皆さんからいろいろ観戦の感想をいただき、現地に行けないテニスファンにとっては有明で応援したような気持ちになります。だんだん山場を迎えますが皆さんのブログへの積極的な参加を楽しみにしています。

[private]
Rakuten-Japan-logo-2013

観戦記 by comoestamiyasita

Day 1(9月30日)

ツオンガ def モンフィス:6-3 7-6(8)

ツオンガは何となく添田をそのまま強くしたような、いわゆる普通のテニス選手なのですが、モンフィスは凄く特異な選手でした。

ハードヒットは勿論時折涼しい顔をしてバシンと打つのですが、それ以外はとにかくツオンガのゴリラみたいなパワーボールをお嬢様テニスのような、軟体動物テニスのような感じで、とにかく返しまくるんですね。

2年前にも見ましたが、本当に不思議な選手です。

驚くのは、特別速くもないなんでもないボールを返してるように見えるのに、あのツオンガがなんでもない練習の球だしみたいなボールをしょっちゅうネットにかけたり、アウトさせるんですね。

どうしてなんでしょう?不思議です。プレースメントが良いとか悪いとか解説する人もいるんでしょうが、現場で見た人間としてはそんな解説は全然納得出来ません。

あのフニャフニャテニスでツオンガ相手に2Sはタイブレーク突入ですから、ちょっと驚きでした。

怪我からの復帰途中ということで、残念ながら初戦敗退で、モンフィスのドロー運は昨日のバグ君、添田と並ぶ不運でしたが、早く完全回復したテニスがみてみたいですね。

Day 2 (10月1日)

フェリシアーノ・ロペス def  伊藤竜馬:4-6 7-5 6-3

ドラゴン(伊藤)はS1を取ったものの、連続2S落としての残念な初戦敗退となりました。

試合全体を通じた印象では、二人共同じようなレベルでステイバックした打ち合いが延々と続き、先にミスした方がポイントを落とす、という感じの試合でした。

日本人選手なので、手に汗を握り観戦できましたが、ドラゴンじゃなければ、多分、退屈な試合と感じたんじゃないかなと思います。

次のツオンガvsモンフィス戦のレベルが頭に強く残ってるからなのでしょうが、とにかく、ドラゴンはしてはいけないイージーミスが多く、大事なポイントでの1stも入りが悪く、とにかくステイバックばかりで、せっかく勝てそうな試合を落としてしまいました。

ロペスもドラゴン同様、2S中盤まではミスも多く、打ち負けてドラゴンの優勢を許していましたが、強打の単調な打ち合いしかしないドラゴンに徐々に慣れてきたのか、自信を取り戻しネットに出たり、ドロップをここぞというところで決めて試合の流れを取り戻していきました。

ドラゴンは、ロペスより先にネットダッシュしたりとか仕掛けてれば、十分に勝てる試合でした。非常に勿体なかったです。

ドラゴンの敗因は、ハードな打ち合いで完全にロペスを陵駕した1Sの残像が意識に焼き付いて、ロペスが自分のボールにアジャストしてきてもステイバックしての打ち合いに固執したからじゃないのかな、と思います。

勿体ない、試合でした。次は錦織はロペスですが、ドラゴンとの試合のレベルを余程上げないと、錦織には勝てないんじゃないのかな、と思います。

デルポトロ def バグダティス:4-6 6-4 6-3

2日間で見た試合のなかでは、最高にレベルの高い面白い試合でした。あまりの面白さにとうとうNO1コートの杉田の試合を観に行けませんでした。

バグ君は、アルカイダ戦士みたいな髭面に白い鉢巻で、闘志をむき出しにしながらも正確かつ極めて抑制の利いた強烈なストロークで1Sを取りましたが、徐々に確率の上がるデルポのサーブとストロークに押されだし、残念な初戦敗退となりました。

デルポのサーブは勿論凄いのですが、バグ君のサーブも負けず劣らず素晴らしいものでした。昨日のバグ君なら、たいていの選手には勝てるというくらい素晴らしいテニスをしてただけに初戦でデルポと当たるドロー運はなんとも厳しいものでした。

あれだけ素晴らしいテニスをしながら結局はノーポイントですからあんまりです。

でも、デルポのサーブの確率には???でした。後半はバンバン入ってましたが、前半はコードボールばかりで、とても不思議でした。

身長差を考えると錦織がサーブを撃つときに、ネットの高さが半分になると思って下さい。打点の高さでそこまでアドバンテージがあるんですから、どうしてあんなに1stが入らないのか不思議です。

ボールもいつのまにか、FORTからビッグサーバーに有利なSrixonに変わってました。なんで、大会主催者は余計なことするんでしょうね?

スポンサー、日本テニス協会、wowow、日本のテニスファンが錦織の活躍を期待してるのに、ビッグサーバーが有理になるボールを選択するとはどういうことなんでしょう。まあ、その分、ストロークプレイヤーにも分があるということなのかもしれませんが、リターン返して始めてストローク戦に持ち込めるわけですからね。

錦織圭 def メルツァー:6-7(4) 7-5 6-2

昨日の錦織はメルツアーが敵ではなく、日清食品、ユニクロなどのスポンサー、自分にスポットを当て続けてくれるwowow, 楽天オープン主催者、錦織人気におんぶに抱っこの日本テニス協会、テニス専門誌などのテニスメデイア、会場に詰め掛けた応援団、日本中のテニスファンの期待というとてつもない大きなプレッシャーとの闘いでした。

更にその重圧を増幅してたのが、1回戦で万一負けたら、500ポイントが消えて、来週ランキングの大幅下落という焦りだったのでしょう。

そんな重圧を忘れよう、忘れようともがきながらの錦織の闘いぶりは壮絶でした。本当にメンタルの強い青年です。ほとほと感心しました。

✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦

ブログランキングに参加しています。下のアイコンのクリックをお願いします♡

15 Comments

  1. sirotan 殿

     観戦記、楽しんでいたただいたようで有り難う御座います。

     ボールについてはコーチからの受け売りです。多分、テニス雑誌に当時載ってたんだと思いますよ。

     ウインブルドンはあんまりビッグサーバーのノータッチエースが増えると、以前はボールの空気圧を落としたりしてました。打ち合いが無くなると、観客が面白くないからですね。(最近はあまりこのボールの空気圧のニュースが出ませんね。)

  2. stefanfanさん

    私たちとトッププロとは比較になりませんが、でも強い相手だと自分の知らなかった実力が出てきて驚くことがあります。しかし反対に弱い相手だと自分のレベルも相手に合わせてしまうようで落ちてしまいますね。デルポはそれほど頑張らななくても勝てる相手だったので、炸裂FHは必要なかったのでしょうが、残念でしたね。

  3. sirotanさん

    初めまして!コメントありがとうございます! そんなに長く読んでいただいて感謝しています。

    試合の感想をありがとうございます。圭君の試合は本当にスリルがあって面白かったですよね。これからも気軽にコメントを寄せてくださいね。

  4. そうそう、楽しみにしていたデルポンですが、相手がベルロックだったこともあり(ベルロックさんごめんなさい。)観たかったデルポンの炸裂フォアーもあまりなく、ちょっと退屈な試合になってしまいました。
    ベルロックさんのうるさいと評判の声の方がどんなものなのかに興味が行ってしまいました(^^ゞ

    ゲームはやはり1人では出来ないものなんだなぁと痛感。
    素晴らしい試合はそれに見合う2人がコート上に立っているからこそ実現するものなんですね。

    それより勝利後のインタビューでアナウンサーがナルバンディアンの引退について聞いていましたが、
    当たり障りのない返答の本心はどんなものなんだろうと勝手に想像してニンマリしてしまいました。
    (質問したアナウンサーが2人の確執についての噂を知ってるのか知らないのかはわかりませんけどね。)

    マリーセも引退とか。
    毎年毎年、誰かの引退のニュースを聞くこととなり寂しいかぎりですね。

  5. comoestamiyasitaさん、情報豊富でいろいろな観点からご観戦されていて、観戦記&コメント楽しく拝見いたしております。ありがとうございます。

  6. tennisnakama さま

    3年程前から、ほぼ毎日お邪魔して、楽しませていただいております。
    管理者様の記事はもとより、ここに集っていらっしゃるatom様、stefanfan様はじめ、常連様方のコメントも
    同様に更新されるたびにワクワクして読ませていただいております。

    comoestamiyasita様のコメントも平素からとても興味深く
    いったいどんな方かしら、、と勝手に想像してお目にかかってみたいとひそかに思っていましたが、
    今回の観戦記を読んで勇気を出してコメントさせていただきます。

    私もWOWOWで錦織戦を生観戦しておりましたが、本人も言っていたとおり
    もう終わった・・・また全米の時のように1コケ・・・週末に観戦に行く予定だったのに・・
    えーなんで、それはないよ絶対絶命((+_+))
    とか思ってみていました。

    と、そのあとの目がさめるようなリターンエース
    去年のラオニッチとの決勝でも奇跡のリターンエースがありましたが、
    あと2ポイントで試合終了の場面からの大逆転には、ほんとうにびっくり。
    テニスって半分以上メンタル勝負だと、つくづく思いました。

    comoesta様の、
    「昨日の錦織はメルツアーが敵ではなく・・・」
    に、目がさめる思いがしました。
    私も重圧の一人だったのかもしれません。
    いつもならこんなテニスをするはずはないのに
    と、コーチが首を振る場面も思い出されましたが
    本当に、よく振り切った!!と拍手をおくりたいです。

    ボール選択についても、なるほど・・と豆知識が増えました。
    敗退してしまったツオンガが、世界最速のコート?と言っていたようなんですが、
    ブライアン兄弟もシングルプレーヤーのスピードについていけなかったのかな・・・とか
    勝手に想像したり。

    週末まで圭くんが残ってくれることをいのりつつ、FILAブースに商品が
    残っていることも楽しみに(*^_^*)、観戦&拝読したいと思います。

  7. waka 殿
     
     6年程前に、Dunlopから言い出したのか、テニス協会から言い出したのかは分かりませんが、日本人選手が海外で闘うために、高速ボ-ルに慣れさせるべくSrixonブランドを開発したと聞きました。

     で、ゆくゆくは日本中の大会ではFORTからSrixonに変えようということだったらしいですよ。残念ながらSrixonはあまり普及してませんね。

     まあ、だから楽天でSrixonということなのかもしれません。

     デルポのサ-ブは初戦の出足で単なるフィ-リングの問題だったのかもしれません。想像以上にバグ君が調子が良くて力んでたのかもしれませんね。

     今回の大会で思いましたが、ウエア-の色は会場で見る分には色合いが超派手なほど見栄えが良いのですが、普段の感覚でシックで趣味が良いなというのはなんとなくくすんでパッとしないんですね。

     デルポのナイキも会場で離れて見るとくすんでパッとしませんが、大型モニタ-で見ると凄く趣味の良い色合いで素敵なんですね。

     選手たちも迷うところです。

     

  8. 単純に打ち下ろす角度が違うからではないのですか?高いところから打っていても高くバウンドさせるために角度をつけて打ち下ろしていればネットする確率も上がると思うのですが。

    >身長差を考えると錦織がサーブを撃つときに、ネットの高さが半分になると思って下さい。打点の
    >高さでそこまでアドバンテージがあるんですから、どうしてあんなに1stが入らないのか不思議です。

    興味深いですね。。。WOWOW観戦では分からない貴重な情報をありがとうございます。

    >ボールもいつのまにか、FORTからビッグサーバーに有利なSrixonに変わってました。
    >なんで、大会主催者は余計なことするんでしょうね?

  9. コモエスタさんの文章はさすがです。

    今日はセンターコートでずっと観戦しようと思っていたのですが、ジョーvsドディグの試合が終わった後にちょっと外コートの様子を観に行くつもりが、ついついピコ・セバジョスのダブルスを観戦してしまい、ブラブラの試合を観ずに終わってしまいました(^_^;)
    何と1回戦で負けてしまいましたね。
    ピコ・セバジョスも負けてしまったのですが、サインを貰おうと殺到するファンに丁寧にサインをしていましたね。本当に彼は素敵な青年です。出ていくときにも手を振るファンにちゃんと答えていました。

    ドディグさんですが、派手な黄色のパンツがなかなか目立ってましたが、サーブも良くジョーに付け入る隙を与えませんでした。彼は日本ではいつもいいプレイをしますね。
    それにしてもジョーはまだ万全にはほど遠いようで、ショットに威力が無く、特にBHはありゃりゃ~という感じでした。
    「Allez!!Jo!」と友達と一生懸命応援したんですけどね(>_<)

    そう言えば、センターコートの最後の試合(豪・竜馬)が終わったのが夜の7時前でした。
    外のコートの試合は続いていましたが、去年までならセンターコートの試合が12時過ぎまで続くと言うこともざらでした。
    開始時間が早まり・ダブルスがスーパータイブレイク方式になりました。人件費の問題とか使用電力料の問題とかもあるんでしょうかね。
    思いのほか早い時間に終わってしまい気が抜けた感じです。
    これでは会社帰りに立ち寄って試合を観るなんてことは出来なくなってしまいましたね。

  10. 入力がうまくいかないので二本に分けます。
    「さあ、大変なことになってきました!」って、大変なのは一回戦でブライアン兄弟を失うWOWOWと主催者団体かな?って。

    では、これから録画でドラゴン・豪組を見ます。

  11. こんにちは。
    comoさんの観戦記面白いです。
    WOWOW観戦なので、外のコートの試合は見られません。みんなドラゴン惜しかったと言っていたのは、1セット先取していたからなのですね。
    添田はラオニッチ相手に堂々たるもんでしたよ。2セット目はタイブレークですもん。でも、サービスエースを24本も決められりゃ厳しいですね。

    ダブルスのブライアン兄弟にはWOWOWの実況と解説の応援がつきました。まるで北海道放送で北海道日本ハムファイターズを応援しているみたい!

  12. Comoestaさんのコメントは、視点が面白いし、選手達への(特にご贔屓選手)愛情いっぱい!(笑)

  13. 観戦記、楽しんでいただき嬉しゅう御座います。

    添田、残念です。善戦するも、如何せん相手が悪すぎました。錦織は別として、長身のビッグサーバーはアジアの選手には鬼門です。

    有明の出店は、シーズン遅れの在庫品一掃のチャンスみたいで、ブランド力の無いところは叩き売り状態で、十年近く来て初めて買い物しました。

    九州で非常に重宝する薄手長袖Tシャツがなんと1000円で、お土産でガバッと買いました。

    僕らの世代では人気ブランドだったFilaは田舎の中学校の体育着まで売り出して、ブランドイメージは地に落ちてるんですね。

    フィラテント店左奥のワゴンに並んでますよ。これが意外に良いんですね。実用で考えれば非常に重宝しそうです。但し、寒さの厳しいところの方には向きません。

    おまけに、冬用ウェアーの上下の鈍臭いのが各1500円という驚き価格で、恥ずかしながら地区奉仕作業用で買いました。

    インドネシア高官も、フィラでガバッと買い物してました。

  14. comoestamiyasitaさん

    観戦記をありがとうございました! 大変楽しく読ませていただきました。勝手にコメントを記事としてアップしてすみませんでした。

    Fロペスを全米オープンで観ましたが、どうもエラーが多かったり、なかなかリズムののれないで苦戦していました。彼の弱点はスライスのBH。圭君の体調がよければメルツァーのように苦戦しなくてもすむと思います。

Comments are closed.