大坂なおみ「私はブラジアン」

July 31, 2014:

私がサンフランシスコで5kmレースに参加している間に、16歳の大坂なおみがスタンフォードでストーサーを破り話題になったそうですね。ニューヨークに戻ってさっそくその試合を観ようといろいろ探しましたが、残念ながら録画がみつかりませんでしたが、2回戦の対ペトコヴィッチを観ることができました。しかし2-6 2-6の完敗。メディアが騒ぎましたので、プレッシャーを感じて十分に実力が発揮できなかったのかもしれませんね。しかし日本人ばなれした体格と度胸で、今後の彼女の活躍が楽しみです。ではWho is Naomi Osaka? そしてブラジアンとは・・・

[private]

Black Asianを短くしたものでBlasianと書きます。いわゆる黒人とアジア人の混血児をさします。正式にはAfro-Asianと言いますが、長いのでBlasianとなったようです。

Wapaneseワパニーズもそうですが、いろんな新語が出回っています。Japanese(日本文化)にかぶれているWhite(白人)をワパニーズと呼びますが、別の機会にでも、この手の新語を紹介したいと思います。

ペトコヴィッチ def 大坂:6-2 6-2

ペトコヴィッチ戦では、サーヴが第1セットでは33%と低く、しかも武器のFHもエラーが多くて、実力を発揮させてもらえなかったようです。しかし第2セットではペトコヴィッチのパワフルなショットに慣れてきて、サーヴとFHが入り出して盛り返してきました。スコアでは両セットとも同じ6-2 6-2 ですが、内容的にはかなり違っていました。

ストーサーとの試合では大坂は時速120マイル(193km)のサーヴを打って注目を浴びましたが、ペトコヴィッチ戦ではリズムが出せずに、2ndサーヴが狙われてアタックされていました。しかしブレークされてもブレークバックするしぶとさがあり、時々みせたFHのパワフルなウィナーは目を見張る威力がありました。

しかし16歳の年は隠せず、勝ち急ぎをしてエラーを続出。しっかりとショットを組み立てていく、building pointsに欠けていたのは経験の浅さからくるもので仕方がないと思いますが、一か八かのウィナーショットも含めて今後の課題はあるとしても、先天的な選手としての勝ち気、ガッツ、根性、運動神経、コートセンスなど、トレーニングでは得られない才能に恵まれている大型新人という印象を受けました。

ソーサーとのビッグな試合に勝った後、「最も嬉しかった勝利は姉に勝った時で、この勝利は2番目」とケロッと言ってみせるあたりは、生意気ととられがちですが、今から思えばヒンギスもセリーナもシャラポヴァも才能に溢れた選手は、皆若い頃は同じような大せりふを吐いていましたので、この態度の大きさも未来のチャンピオンの器といえそうです。

ハイチ生まれの父親の方針は「ジュニアのトーナメントを避け、プロのサーキットで実力を蓄えていく」というもので、セリーナとヴィーナスの父親のリチャード・ウィリアムズの方針を見習っているようにみえます。この方針は当時は画期的なもので、突然プロで活躍し始めた姉妹のセンセーションは今でも鮮明に思い出されます。

しかしあまりに早くからプローサーキットに出場するのは、実力が違いすぎて才能がつぶされてしまう危険性がありますので、ベストかどうか分かりませんが、傑出した才能のある選手には突破口を早く開くのに適しているかもしれません。

彼女はボリテリのような有名なテニスアカデミーでトレーニングを受けたのではなく、ウィリアムズ姉妹のように公営のテニスコートで父親がコーチングを担当。和製セリーナと呼ばれる由縁は、テニス環境がとてもウィリアムズ姉妹に似ているというか、父親がリチャード・ウィリアムズからインスパイアされたように思います。

アメリカのスポーツイラストレイティッドのオンラインマガジンが彼女を特集していました。タイトルは『Watch: 16-year-old standout Naomi Osaka hits a massive forehand』(『注目:16歳の大坂なおみが巨大なフォアハンドをヒット』世界的なスポーツ誌にも掲載され、TVの解説者もかなり力を入れたコメントをしていました。テニス界が注目していますので、大変だと思いますが、一発屋に終ってしまわないよう、背伸びをしないで頑張ってほしいと思います。

Who is Naomi Osaka?

ブラジアン:ハイチの黒人の父と日本の母の間に生まれた混血児

Osaka:大阪に生まれ、3歳のときにアメリカ移住。ある記者が「生まれた土地がOsakaで名前もOsakaというのは偶然なの?」とアホな質問に、無表情に「もし生まれた土地の名が名前になるのなら、皆Osakaになるわね。」と一蹴。

ランキング:406位(2014年7月28日現在)予選を勝ち上がって本戦2回戦進出

:大坂まり(18歳:542位)はスタンフォードのトーナメントのシングルスの予選に妹のなおみと出場したが、予選1回戦で敗退。ダブルスも本戦1回戦で敗退。

アイドル:セリーナ・ウィリアムズ。パチリと一緒に撮ってもらって大緊張。

Osaka-Serena-selfie

住居:フロリダ州フォートローダレール

コーチ:Harold Solomon(その前は父がコーチ)

ゴール:ナンバーワンになること。グランドスラムのタイトルをできるだけ沢山とること。

恐いもの:インターネット。「インターネットは話を作り上げたりして、クレージーな人たちが多い。」という理由。携帯電話は今でも持っていないとか。

夢のセルフィー:ビアンセと撮ること

好きな映画Planet of the Apes

好きな本:アガシの『Open』

好きなミュージシャン:ビアンセ、アマンダ・パルマー、宇多田 ヒカル

好きなショット:フォアハンド

注目する選手:ジョコヴィッチ

15歳の時のビデオです

12 Comments

  1. そうだったんですか、試合が出来ない状態だったんですね。安心しました。幾らなんでも1−6.4−6はあんまりだなと思ってました。

    それは仕方ないですね。

    でも確かにガスケの片手BHは美して鋭くて素晴らしいですね。

    しかし、今年は台風直撃がないので助かってますが、毎週のように台風が接近してきてたまりません。

    台風が接近すると雷が凄くて、家中の電化製品のコンセントを一日数回抜いたりさしたりで大変です。ネットもTVも電話もエアコンも何もかも使えなくなります。

    家を新築した後輩は転居1週間で近所の電柱に雷が落ちて全ての電化製品がパーになり、250万円分全て買い直しになり、泣いてました。落雷故障は保証対象にならないんですね。火災保険の雷特約には入らないといけませんね。

    接近されるだけでこんなにうっとうしいのに、沖縄や奄美の皆さんは大変だと思いますね。温暖化なのでしょうね、昔はこんなに毎週毎週なんていうのはなかったと思うんですけどね。

  2. tennisnakamaさん、
      圭くんのガスケ戦、全くその通りだと思います。
        残念ではありますがリベンジのチャンスはまた必ずありますし。
        ただ、ポイント獲得めんではこの大会には大きなチャンスがあつただけに
        少し痛いと感じます。

  3. 錦織は月曜のプラクティスで足首を痛めたそうです。今観戦していますが、全く動けない状態ですね。彼のためにもこの試合はあっさりと負けて休養するのがベストだと思います。

    苦手意識が大きいのはガスケのBHが原因だと思います。最後までダウンザラインに来るのか、クロスにくるのか分からず、今回もかなり振り回されていました。ヴァヴリンカにもまだ勝っていませんね。

    ともかく全米オープンに向けて、この試合は負けてよしとする試合だったと思います。

  4. あちゃあ、錦織S1は1-6ですね。どうも似たもの同士選手のガスケは苦手なんでしょうか?

    相手が長身のビッグサ-バ-じゃないんですから、粘って欲しいですね。

    でも不思議なものですね。「長身のビッグサ-バ-は苦手です・・。」とか言いながら、ラオニッチやカルロビッチに滑った転んだしながらも勝てるのに、どうしてこうもガスケが苦手なんでしょう?

    プロデビュ-2年目のAIG(今の楽天)オ-プン2回戦でガスケにストレ-ト負けした時のコートインタビュ-で修造に「いやあ、ガスケ選手は尊敬してるので、あがっちゃいました!」とニコニコしながら語ってました。

    マイケルチャンにコートでは向こう側の選手に敬意を払うな!と厳しく指導されてるとのことでしたが、敬意を払ってるわけじゃないんでしょうが、身体がリラックスできないんでしょうか?

  5. 管理者 殿

     徹夜ではありませんよ、5時間くらいは寝てます。週に一日10時間くらい寝たら、あとは5時間くらいが丁度良いですね。酒に弱いので、ワインを2杯くらい飲むと凄く熟睡できるんです。

     そういえばヒンギスですが、彼女の夫は家庭内暴力でヒンギス親子を訴えてましたが、結局、別れたんでしょうね。結婚記者会見の写真を見ただけで、こりゃあダメだわという感じの男ではありましたが・・。

     テイアフォも凄い環境ですね。分かりませんが、略歴を読むと黒人なんでしょうね。

  6. comoestamiyasitaさん

    今日本は明け方に近いですが徹夜ですか?

    16歳で天才と言われた選手が多く消えていってしまってますので、17歳が転機だと思います。17歳でプロサーキットで活躍しているのは、ヒンギスの母親がコーチのスイスのベンチッチ(62位)がいますね。17歳でトップ100になれると素晴らしいですね。

    17歳の男子では、ドイツのツヴェレフ(159位)とクロアチアのチョリッチ(194位)が将来トップ選手になると思います。

    16歳ではアメリカのティアフォ。彼の父親はテニスクラブの掃除婦で、いわゆるホームレスの状態で、クラブで2歳から幼少時を倉庫で暮らしてきた話は機会があれば記事にしたいと思っています。

  7. あらら、ワシントンWTAの奈良くるみちゃん、なんとベスト4になってますよ。凄いですね。

    森田あゆみちゃんとかもう一つ調子が出なくて最近どうも調子がでないなあ、なんて心配してたら、いつのまにか奈良くるみちゃんが日本のNo1になっちゃいましたね。

  8. 予選から本戦入りで、きちんと1回戦大物に勝つというあたりが凄いですね、なおみちゃんは。

  9. atom 殿

     ハイチですね、見間違いでした。行ったことがないので、何か同じようなイメ-ジでした。

     テロテロの関西弁じゃなくて、コテコテの関西弁でした。

     でも、今16歳なら、東京オリンピック開催時には怪我とかさえなければ大物になってるかもしれませんね。

     バンク-バ-チャレンジャ-のダニエル太郎君は勝ち進んで次はあのキプロスのバグ君ですね。しかし、まだ29歳で21歳でランク8位まで上ったバグ君がチャレンジャ-大会ですから厳しいですね。

     そして、錦織は宿敵ガスケですね。勝ち上がってほしいですね。

  10. ニュースによると日本語も話すようですよ。もちろん英語ほど流暢ではないでしょうが。
    ところでcomoestamiyasitaさん、タヒチ←ハイチの書き間違い?!
    些細な事ですが気になっちゃって(^_^;)

  11. 3歳で渡米なら、関西弁どころか普通の簡単な日本語も無理かな。お母さんが一緒みたいなので、話せれば良いのですが・・。

    16歳では年間12大会しか出れないんですね。

    コ-チのお父さんが特にテニスに詳しいわけでもない、というのも凄いですね。

  12. おおっ、凄い。凄い逸材ですね。

    日本人とタヒチの混血というのも凄い。凄いパワ-とセンスを持ってそうな感じですね。

    しかし驚きました。大阪まり&なおみ姉妹ということで、僕は関西姉妹の海原千里&万理(古いですね)みたいな姉妹をイメ-ジしてましたが、全然違いました。

    なんか迫力ありそうですね。

    193km/時の1stサーブというのが泣かせますね。デカイ欧米女史選手とガチンコ勝負できる逸材を待ってました。女史テニスを見る楽しみが出てきました。

    400位あたりから200位後半にランクアップですね。

    若いのですから管理者殿が書かれてるようにいきなりプロサ-キット、それもWTAじゃなくてチャレンジャ-でガンガン勝ってポイントと賞金をしっかり稼いで、予選抜きでWTA本戦に出るようにしてもらいたいところです。

    日本語は話せるんでしょうか?日本語が話せないと、なかなか日本企業のスポンサ-は付いてくれないんじゃないかなと思いますね。

    あの感じでテロテロの関西弁なら直ぐにメデイアが飛びついてスポンサ-は付きそうなんですけどが・・。

Comments are closed.