atomの生観戦レポート:準々決勝

Oct.4, 2014 Rakuten Open:

tennisnakamaさんがマラケシュで優雅な旅を満喫されている中、私は有明コロシアムのカンカン照りの太陽の下、“カモン!圭!”と叫んで来ました~(笑)

今年の楽天ジャパンOP本選は初観戦となる準々決勝に行って参りました。
天気予報によると最高気温が29℃とのこと。
さすがにこの夏日では全試合観戦は堪えるので、途中、休憩しながらの観戦。
それでも暑くて、シモンの試合はあまり集中出来なかったかも(^-^;)

[private]

シモン def ジョンソン:7-6(4) 6-1

シモンらしい試合とでも言いましょうか。
それにしてもシモンは試合中、とにかく何かと叫んでました。
フ○○ク!なんて暴言まで(^_^;)

Simon-Rakuten-2014

久しぶりにシモンの試合をじっくり観たのですが、いつもこうだった?
それにしてもシモンに限らず、ほとんどの選手が陣営と話しているというか、コーチング受けているとしか思えないんですけど(^-^;)

ラオニッチ def イストミン:7-6(8) 6-3

この試合は休憩タイムで涼みながらモニター観戦。
ラオニッチは勝ったものの、スコアを見ると結構手こずった?!

錦織 def シャルディ:6-4 6-2

テレビで見る圭くんは、頬の辺りが少しこけてきたように見えていたので、臀部の痛みのこともありますし、体調はどうなんだろうと思いながら観ていました。
立ち上がり、圭くんは臀部の痛みが気になるのか、元気がないと言うか、ナーバスになっている感じで、痛みの具合を確認しながらと言う風に見えました。

Nishikori-Rakuten-2014

でも試合が進むにつれ動きも良くなってきて、シューズのキュツキュツという擦れる音がたくさん聞こえるようになったのでちょっと安心。

第2セットのMTOも悪化させないため大事を取ったのもあるのかな?と。

試合全体として、圭くんも言っていたように、7、8割の力でやっているところと目一杯やるところと、試合中使い分けしてる、そんな印象です。

それでもストレートで勝ってしまう辺り、圭くんもドッブ選手の風格ですね(*^^*)
そうそう、ちょうど第1試合の時間帯、圭くんは練習していたようで、それを覗きに行っていた友人情報によると、圭くんは練習中、大事なところにボールがあたってしまい、痛さのあまり(?)少し横になって休んだらしいのですが、側でチャン&ダンテ両コーチは笑っていたとか(笑)

ベッカー vs ソック:4-6 6-1 6-4 

この試合、コロシアム内が日陰になるのを待って途中から観戦。
ソックが勝つかな~?と予想していたのてすが、ベッカーが慌てず焦らず…ベテランのプレイがソックを若さを押し切ったとでも言いましょうか。
ソック君、まだ粗削りなところがありますが、サーヴは強いしパワフル。ボレーもスムーズで上手な印象です。

圭くんの準決勝の相手、ソックよりはベッカーで良かったかも?!

ドディグ/メロ def グラノエルズ/Mロペス:(ダブルス準決勝:7-5 6-3)  

ラファファンの私としてはラファの親友Mロペスだし、バモス!と声援を送って応援したのですが、残念ながら敗退。

Granollers&Lopez-Rakuten-Open-2014

ドディグの強烈なサーヴにやられちゃいました(^-^;)
ドディグ/メロペアはロンドンファイルの出場の可能性があるはずだから、特に気合いがはいっていたかも知れませんね。
なかなかの好ゲームで面白かったです。

圭くんの臀部の痛みがどれ程なのか?気になるところですが、2回目の優勝目指して頑張って欲しいですね。

ちなみに私、次は決勝観戦予定です(^^ゞ

余談てすが、有明からの帰り、ゆりかもめの新橋駅で、マリーのお兄ちゃん、ジェイミーとすれ違いまして…どこからか買い物帰りのようでしたが、私以外に気がついた人いたかなぁ(^-^;)

3 Comments

  1. いや~、圭くん、ベッカー戦は苦しい試合でした。
    ベッカーの粘り強いプレーにラリー戦でポイントを取られることも少なくなく…それでもファイナルセットタイブレークでギアを上げられるのは流石でした。
    明日の決勝は、朝から雨の予報なのでインドアになることが予想され、ビッグサーヴァーのラオニッチにやや有利かも知れませんが、
    あともうひと踏ん張り、頑張って欲しいですね。

    そういえば上海のドローが発表になりましたが、圭くんのヤマはなかなか厳しそうですねぇ(^o^;)
    予選ではドラゴン一人、予選1回戦を勝ち上がったようです。

  2. >>>圭くんは練習中、大事なところにボールがあたってしまい、痛さのあまり(?)少し横になって休んだらしいのですが、側でチャン&ダンテ両コーチは笑っていたとか(笑)<<<

    これは本当に痛いらしいですよ。

    以前、混合ダブルスしてて僕の相方のパワフルな女性のスマッシュが友人の股間を直撃したのですが、テニスボ-ルは回転してるし、最近のテニスパンツはブカブカで捩じれるし、友人はこれまたトランクスでして、回転したボ-ルが友人のテニスパンツもトランクスも中身も捩じってしまい、友人は白目をむいて悶絶していました。

    で、横で僕ら3人は笑ってました。

    >>>圭くんの準決勝の相手、ソックよりはベッカーで良かったかも?!<<<

    僕もそう思いました。

    海兵隊ソック君が一旦調子に乗ると、多分、誰も手がつけれなくなります。とにかく荒削りでムチャクチャな腕力で相手をねじ伏せるので、対応のしようがなくなります。

    Bベッカ-はアガシの最後の試合の相手でしたが、試合後の記者会見で、アガシに対する敬意を欠いた発言が印象に残っていますね。なので、どうも気に入りません。

  3. atomさん

    今回も大変楽しい臨場感あふれるレポートをありがとうございました!全米オープン並みの熱暑の中、応援おつかれさまでした。

    決勝も楽しみにしています。圭君vsラオニッチになるかもしれませんね。全米の悪夢のような5セットの激闘を思い出します。

Comments are closed.