USオープン予選2R:錦織、杉田、伊藤が進出

2010/08/27 5

やっぱり不吉な予感が的中してしまいました。新しく買ったソニーのビデオのカムコーダーがマックのコンピューターにトランスファーできない! いろいろサポートで問題解決をはかってみましたが、ついに明け方となってダウン。せっかく貴重なシーンを沢山とっていたのに!(号泣) というわけでビデオなしとなりました。男子は錦織圭、伊藤竜馬、杉田 祐一、女子は土居美咲、波形 純理、不田涼子が2回戦進出を決めました。今日も晴天、あとすぐまた会場に出かけますが、ソニーは家においてまた、あのちっこいボロカメラでビデオを撮ってきます。(ショック)

クルム伊達はすべての世代のインスピレーション

2010/08/18 8

カナダのメジャーなサイトcanada.comに『クルム伊達はすべての世代のインスピレーション』の見出しで、クルム伊達選手の記事が大きく掲載されていてとても嬉しくなりましたので、ここで簡単に紹介したいと思います。 クルム伊達選手はモントリオールで開かれているロジャーズカップの予選最終戦で、惜しくもオーストラリアのグロスに敗退してしまって(フレンチオープンの2Rでも敗れた選手です)、本戦入りを断念・・・と思った矢先、シャラポヴァの欠場が急遽決まって、ラッキールーザー(LL)で本戦入りが決まりました。 昨日17日は本戦1回戦、対戦相手はルーマニアの Monica Niculescuで伊達選手がフルセットの末、根性でがんぱった試合でした。 (LL) Kimiko Date Krumm (JPN) d. (Q) Monica Niculescu (ROU) 76(4) 46 62 では以下が記事の要約です。

セリーナがTVでファッションセールス

2010/08/05 4

セリーナ・ウィリアムズ Serena Williams は, ウィンブルドン優勝後、突然いくつかのトーナメントの欠場を発表しました。理由は足の怪我。レストランで足を怪我したということだけしか発表されませんでしたので、一体どうやって手術が必要なほどの怪我をしたのかについては謎のままになっています。

WTT:ヒンギスに会ってきました!

2010/07/20 5

WTT (World Team Tennis) に行ってきました。一度は行ってみたかったトーナメントだけに、素朴で庶民的でとても楽しかったです。ヒンギスとも話をしてきました。彼女はとても美しくシャイな感じ。私の夫はあなたと同じ国の人ですと言うと、にっこり。その続きは明日にします。 まずは楽しいヒンギス、クライスターズ、マッケンローのテニスをビデオでお楽しみください。

Nothing is impossible スキアヴォーネ全仏優勝

2010/06/05 11

(試合のビデオを更新しました。また涙が・・・) フレンチオープン女子決勝、サマンサ・ストーサー vs フランチェスカ・スキアヴォーネ (Samantha Stosur vs Francesca Schiavone) の対戦は、これからも長く伝え語られるエピック試合となりました。 最後のタイブレークで私はすでに泣いていました。スキアヴォーネはもう人間ではありませんでした。モノに取り憑かれたような信じられないパーフォーマンスを続ける彼女に、人間のもつ無限の可能性をみて感動せずにはおれなかったのです。29才。最後の挑戦です。

サマンサ・ストーサーがセンセーション、話題の決勝進出

2010/06/03 4

エナン(23位)を倒し、セリーナ(1位)をも倒してしまったオーストラリアのサマンサ・ストーサー Samantha Stosurは、今日の準決勝でヤンコヴィッチを6−1、6−2で壊滅し決勝をきめました。彼女のテニスがパリでちょっとしたセンセーションを起こしています。これらの3試合をいずれもTVで観戦しましたが、ストーサー によって女子プロのテニスは変わるかもしれない・・・そんな予感がしています。 最初ヴィーナスとセリーナの試合を観たときに覚えたセンセーションとに似ています。

ヴィーナスのベアルックにどっきり

2010/05/26 3

ヴィーナス・ウィリアムズのテニスウェアがフランスで話題になって、大きく雑誌にとりあげられ、賛成・反対の論議に発展しています。 ヴィーナスはテニスウェアをみずからデザインしていますが、今回のこのテニスウェアは世界に放送されたため、ちょっと論議をかもすことになったのです。彼女は前回のトーナメントでは、赤のヴァージョンを着てましたので、私は今回の黒のヴァージョンにはそれほど驚きませんでしたが、最初にこのアウトフィットを見たときは、本当に心臓が止まる思いをしました。 「ぎょ! 彼女はアンダーウェアをつけてない!?」 ブラウンの肌にそっくりなアンダーウェアだけに、ドキッとしてしまいます。ヴィーナスはこれを「ベアルック bare look と呼んでるのよ」なんてすました顔をしていますが、最初このhooker(娼婦)のようなテニスウェアをみたときは、眉をしかめましたよ。特に赤いヴァージョンは品がない。 皆さんはどう思われますか? それでなくても、最近はプロとアマチュアの(娼婦の)区別がつけにくいほど、ファッションは限りなくセクシーなhooker lookに近づいてきています。スポーツもエンターテイメントですから、世の中の流れにそってどんどんセクシーなコスチューム的なものに変わっていっているようです。 ヴィーナスはこれをビジネスにしているのですから、しっかと売らなくてはなりませんので、これだけ話題になっているのですから、売り上げはともかく、マーケティングとしては大成功をおさめたといえます。 しかし・・・ 一体このテニスウェアをどんな女性が買うのでしょうね。私はミックスダブルスをやっていますので、ちょっと試してみたい気もしますが、「気持ちわる〜」とパートナーに逃げられそうなので、やっぱりやめておきます。

伊達公子、39才のセンセーション

2010/05/26 4

(第3セットのビデオを記事の最後に埋め込んで更新しました) 25日の全仏オープンのクルム伊達vsサフィナは、2番目に大きなスザンヌ・ランランのスタジアムですので、TVで2時間34分間完全放送をしてくれました。ゆっくりとコーヒーを飲みながら(NYは朝ですので)、観戦できる喜びに浸っておりましたが、でもまさか、あんな試合になるとは! ぎゃお〜!

イヴァノヴィッチもSI水着モデルに

2010/02/11 2

スポーツ・イラストレイティッドの水着特別号が売り出されたのは、フェミニスト運動の真っただ中の1964年。女性をセックスの対象とした扱いは許しがたいとえらい騒ぎになり、それ以降話題の絶えないのがこの水着特別号です。これに対して面白い記事を見つけましたので、ここで簡単にご紹介します。昔と今のフェミニストとの違いがあわられていて興味深い記事でした。 アメリカの名門、アイヴィーリーグの一つ、コーネル大学の新聞で、学生が出版するThe Cornell Daily Sunという固い新聞があります。題は『スポーツイラストレイティッドの水着編を擁護する』というもので、女子学生のレーポーターが書いた記事です。 インテリの女性からは敵視されつづけてきたこの水着特別号を擁護するとは?

セリーナとエナンの宿敵の歴史

2010/01/30 4

2010年全豪オープン女子決勝 Serena Williams def Justine Henin: 6-4, 3-6, 6-2 セリーナはさすがNo.1の貫禄をみせ、ここぞという肝心なポイントをエースで決めて全豪オープン2010のタイトルを見事に獲得しました。このメンタルとサーヴィス力は、フェデラーにも当てはまるように、チャンピオンの必須条件です。

クライスターズ優勝!

2010/01/09 15

キム・クライスターズ Kim Clijsters がブリスベンで優勝しましたね! ベルギーの永遠のライヴァル、エナン vs クライスターズのカムバック・ドリームファイナルを見逃してしまいました。(涙) NY時間の早朝4時に始まる予定でしたので、徹夜の覚悟で午前2時までがんばって起きていましたが、その後意識がなくなりウトウトzzz…. 念のために目覚まし時計をセットしていたにもかかわらず、何も聞こえず爆睡! ビデオでハイライトをみましたが、エピックの戦いだったようですね。(またもや涙腺がうるうる) ビデオをアップしましたのでご覧になってください。

エナン v クライスターズの夢の決勝

2010/01/08 0

ブリスベンではいよいよ土曜9日にエナンとクライスターズのドリーム決勝が始まります。それにしても初のカムバックでエナンが決勝進出とは! 初戦でシード2のペトロヴァが「エナンは引退前よりも強くなっている」と驚きのコメントを残していますが、確かにサーヴとストークはペースが増して進化しているように見えます。 クライスターズはすでにUSオープンで優勝をして実力とメンタルの強さを証明していますので、かつてのベルギーの戦いの再現となりました。

クライスターズがパワーで圧倒

2010/01/05 2

クライスターズが強い! 1月4日のアリシア・モリック Alicia Molik との対戦は、キム・クライスターズ Kim Clijstersが第2戦目ということもあって、試合にも慣れリズムにのった恐ろしくアグレッシヴなテニスでした。キムはあっという間に第1セットはベーグル勝利。モリックは28才のオーストラリア人で2008年の9月に引退してしまった選手です。しかし昨年8月に心機一転。もう一度ITFのサーキットからやりなおすことを決意したベテラン選手。このブリスベンにはワイルドカードをもらっての出場でしたが、相手が悪かったですね。気の毒でちゃんと観ることができませんでした。 モリックは第2セットも冒頭から15−40でブレークされてしまって、このままでは母国のファンにどう顔向けすりゃいいの、と人ごとながらハラハラでした。(解説者もかなり心配してました)しかしやっと第3ゲーム(0−2)から緊張感がほぐれてきたようで、40−0でゲームをホールドしたのをきっかけに、ネットダッシュの攻撃テニスを開始しましたが・・・

エナンの華麗なカムバック

2010/01/04 9

2008年5月に突然引退を表明して、テニス界から姿を消してしまったジュスティン・エナン Juntine Henin の待ちに待ったカムバックの初試合が1月3日ブリスベンで行われました。対戦相手は強豪、ロシアのペトロヴァ Nadia Petrova です。 カムバックの準備に5ヶ月間を費やしたとはいえ、初めてのトーナメントです。エグジビションとは違って世界が注目しています。旧ライヴァルのクライスターズがUS Openの華々しいカムバックをとげているだけに、エナンのプレッシャーは大変なものだったに違いありません。 「果たしてあの炸裂するバックハンドはまだ健在だろうか?」まずはこのビデオをご覧になってください。

1 4 5 6